MLBの未来予測

             今回がFar East Divisionでの最後の投稿となるので、今回は私が在籍した4年間におけるMLBに関して振り返りながらMLBの More »

開幕延期した時間を使うには野球ファンはどうすれば良いのか

              Florida College Summer League 公式HP:http://floridaleague.com/v More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 10-1

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 20-11

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 30-21

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

 

Weekly Report:Week-5

6988103174_7b6e37a3a6_z

 

 

 

 

 

 

 

・マット・ハービー

地時間5月7日、ニューヨーク・メッツがマット・ハービー投手をチーム規則に従わなかったとして、3日間の出場停止処分を決めたと発表した。ハービーは6日の試合に偏頭痛を理由に球場に現れず、さらにチーム関係者とのミスコミュニケーションなどにより、出場停止処分に処されたと報道されている。たとえ3日間とはいえ、ノア・シンダーガードやスティーブ・マッツなど有力選手が怪我で苦しむなか、チームの投手陣にとっては痛手となってしまう。そこまでの痛手を負っててでも、チームはハービーを出場停止にしたのだ。

ハービーは2012年にデビュー、2013年にはオールスターに選出されるなど、メッツの今後の投手陣を担っていくであろう存在の一人であった。

出場停止処分が明け、最初の登板となった5月12日、どういった投球を見せるか注目されたが、5イニングを投げ、5与四死球、3被本塁打と悲惨な投球内容に終わった。今後のハービーの復活に注目である。

 

 

1 2 3

コメントを残す