トレバー・バウアーが絡んだ三角トレード

             今年のMLBのトレードデッドラインはルールの変更か、それともプロスペクト重視のトレンドを受けてか例年に増して膠着していたが、期限まで2 More »

トレード・デッドラインを振り返って

             トレード期限が終わった。今年から8月中のトレードは禁止されており、ウェーバーを通過した選手をトレードすることは出来ない。  前回の記事 More »

トレードデッドラインが間近に迫る中、一足早く動き出したGM達。

             ミネソタ・ツインズは、ここ2週間程、トレードを控えた行動を行っていた。  この間、40人枠から外した投手は5人である。マット・マギル( More »

タイラー・スカッグスに捧ぐノーヒット・ノーラン

             現地時間7月12日、ロサンゼルス・エンゼルスの選手達は、タイラー・スカッグスの背番号だった45とSKAGGSが記されたユニフォームをま More »

2019年MLBオールスター

               今年のオールスターは節目となる90回目だ。7月9日にクリーブランド・インディアンスの本拠地であるプログレッシブ・フィール More »

 

2017 Draft Review:アメリカン・リーグ東地区

3787461118_cb8f81e12f_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*順位:選手名:出身校:ポジション:身長/体重

 

  • ボルティモア・オリオールズ

21:D.L.ホール:バルドスタ高校:LHP:182cm/81kg

90マイル前半の速球とカーブ、チェンジアップのコンビネーション。カーブは今ドラフトの高校生投手の中でも有数と言われており、評価は高い。昨夏から投げ始めたチェンジアップはまだまだ発展途上。細身の体格であるためデリバリーが不安定になる時があり、その際に速球のコントロールをつけることができなくなる点は要改善。小柄でもあるため成長がなければ1年間先発として投げ通すことができるのかという点でも不安が残る。

 60:アダム・ホール:ルーカス高校:SS:180cm/74kg

小柄な体格ながらも優れたバッティングセンスを持つカナダ人。内角のボールを引っ張り、外角のボールを上手く流すスキルを持ち合わせている。カナダ出身カナダ育ちだが、大学生やマイナーリーガーとの対戦も多く、90マイル後半の速球への対応も心得ている。ただ、やはりパワーは他の選手と比べて見劣りする。スピードは平均以上で、体格もSS向きだが、肩の強さは平凡。

74:ザック・ローザー:ザビアー大学:LHP:187cm/106kg

速球は最速でも93マイルと威力に欠けるが、カーブとチェンジアップを混ぜ合わせることで緩急をつける。スリークォーター気味のデリバリーはデセプションに優れており、速球の遅さをカバーしている。元々それほどコントロール、コマンド共に悪くないが、今年はK/9が急上昇した代わりにBB/9が悪化。これが一時的なものなのか注目していきたい。大柄な体格は先発向きで将来像はイニングイーター。

1 2 3 4 5

コメントを残す