アルシデス・エスコバーのヤクルト・スワローズ移籍とそこから考えられる影響

               ヤクルト・スワローズが10月30日、アルシデス・エスコバーとの契約を発表した。まだワールドシリーズが終わっていない時期に More »

「MLBを仕事にする」:記者水次祥子さんへのインタビュー

              不定期連載でお送りする、MLBの舞台で選手以外として活躍している方へのインタビュー企画の第3弾。今回は、ニューヨークと東京 More »

2019 ALDS Review:HOU vs TB

               ア・リーグ西地区を制したヒューストン・アストロズの対戦相手はワイルドカードを制したタンパベイ・レイズとの組み合わせとなった。  Game1 TB 2-6 HOU 勝: ジャスティン・バーラン More »

2019 World Series Review : Game7

              勝った方がワールドチャンピョンとなる運命のGame7。歓喜の瞬間を目の当たりにしようと球場には43,000を越えるファンが More »

2019 World Series Review : Game6

              お互いにロードでのゲームを取り合い、アストロズが3勝と王手を掛けて臨んだGame6。この試合では追い込まれたナショナルズが More »

 

2018年HOF投票振り返り

4847679573_ae286e62ec_z (1)

 

 

 

 

 

 

日本時間の25日今年の殿堂入り選手の発表が行われた。今年殿堂入りを果たした選手は4選手。投票率順にチッパー・ジョーンズ(97.2%)、ブラディミール・ゲレーロ(92.9%)、ジム・トーミ(89.8%)、トレバー・ホフマン(79.9%)だ。ここではこれら4選手を簡単に紹介していく。

まずはチッパー・ジョーンズ。90年代から2000年代にかけてのアトランタ・ブレーブスの黄金期を代表する選手で、メジャーリーグ史に残るスイッチヒッター。左右両打席から高いアベレージとパワーを発揮し、通算成績は打率.303、468HR、1623打点と圧倒的。また素晴らしいアプローチの持ち主で知られており、通算でも四球が三振の数を上回っている。8度のオールスター選出、99年にはシーズンMVPを獲得するなど申し分ない成績で、元チームメイトであるグレッグ・マダックスに並び歴代10位タイとなる97.2%という高い得票率を記録した。

 

2番目に高い得票率を獲得したのはモントリオール・エクスポズやロサンゼルス・エンゼルスを中心に活躍したブラディミール・ゲレーロ。豪快なスイングに悪球打ちなど派手なプレーでファンの心を鷲掴みにした。そのスイングからは想像できないほどコンタクトがうまく、通算打率は.318、三振も少なかった。また歴代最強クラスの強肩でも知られている。現在は息子のブラディミール・ゲレーロJrがトロント・ブルージェイズ傘下に所属しており、先日発表されたベースボールアメリカのプロスペクトランキングではメジャー全体3位にランクされるなど息子も超一流の道をたどっている。

 

1 2 3

コメントを残す