アルシデス・エスコバーのヤクルト・スワローズ移籍とそこから考えられる影響

               ヤクルト・スワローズが10月30日、アルシデス・エスコバーとの契約を発表した。まだワールドシリーズが終わっていない時期に More »

「MLBを仕事にする」:記者水次祥子さんへのインタビュー

              不定期連載でお送りする、MLBの舞台で選手以外として活躍している方へのインタビュー企画の第3弾。今回は、ニューヨークと東京 More »

2019 ALDS Review:HOU vs TB

               ア・リーグ西地区を制したヒューストン・アストロズの対戦相手はワイルドカードを制したタンパベイ・レイズとの組み合わせとなった。  Game1 TB 2-6 HOU 勝: ジャスティン・バーラン More »

2019 World Series Review : Game7

              勝った方がワールドチャンピョンとなる運命のGame7。歓喜の瞬間を目の当たりにしようと球場には43,000を越えるファンが More »

2019 World Series Review : Game6

              お互いにロードでのゲームを取り合い、アストロズが3勝と王手を掛けて臨んだGame6。この試合では追い込まれたナショナルズが More »

 

2018年HOF投票振り返り

4847679573_ae286e62ec_z (1)

 

 

 

 

 

 

続いてジム・トーミ。歴代8位の612HRを放ったパワーヒッターで、90年代後半から2000年代前半のクリーブランド・インディアンズを代表する選手。本塁打も多いが三振も多く、通算三振数はレジー・ジャクソンに次いでメジャー歴代2位の2548。歴史に残る名打者だがポストシーズンでは振るわず、2度のワールドシリーズに出場するもチャンピョンリングを獲得することは叶わなかった。現在では現役時代に所属したシカゴ・ホワイトソックスのGM補佐を行っている。

 

最後にトレバー・ホフマン。サンディエゴ・パドレスのクローザーとして活躍した選手で、マリアーノ・リベラに抜かれるまではメジャー歴代1位の通算601セーブを記録した。メジャーデビューを果たしてから引退するまで先発したことがなく、通算1035登板を全てリリーフとして登板している。初めて資格を得た2016年からあと一歩のところで殿堂入りを逃してきたが遂に今年殿堂入りを果たした。

 

1 2 3

コメントを残す