Weekly Report : Week 19

boston_redsox_fenwaypark_897412_h

 

 

 

 

 

 

 

・86球

ストン・レッドソックスのリック・ポーセロが現地時間の4日、同地区のライバルであるニューヨーク・ヤンキース戦で快投を見せた。86球。ここではわずか86球で強力打線を封じ込めて見せたポーセロの投球を振り返る。まずは初回、先頭のブレッド・ガードナーに死球を与え、ランナーを出すも、続くジャンカルロ・スタントンをダブルプレーに抑え、無失点。その裏に打線が3点を取ってリードを奪うと、続く2回を三者凡退に抑える。3回にミゲル・アンドゥーハルにレフトスタンドに運ばれ1点を奪われるも、その後は持ち味を存分に発揮した完璧な投球。1人のランナーも許すことはなかった。奪った三振は9個、わずか86球での完投はレッドソックスでは12年にアーロン・クックが記録した81球での完投に次ぐ記録となった。因みにメジャー全体でも90球以内での完投は16年のオリオールズ戦でのポーセロの89球。少ない球数での完投記録は打たせて取るピッチングスタイルのポーセロらしい記録となった。

この勝利でリーグトップの14勝目を挙げたポーセロ。22勝を挙げ、サイヤング賞に輝いた16年以来となる最多勝獲得となるのか、今後も彼のピッチングから目が離せない。

Text by Akinari Miyazaki

photo by : http://everystockphoto.s3.amazonaws.com/boston_redsox_fenwaypark_897412_h.jpg

1 2 3

コメントを残す