トレバー・バウアーが絡んだ三角トレード

             今年のMLBのトレードデッドラインはルールの変更か、それともプロスペクト重視のトレンドを受けてか例年に増して膠着していたが、期限まで2 More »

トレード・デッドラインを振り返って

             トレード期限が終わった。今年から8月中のトレードは禁止されており、ウェーバーを通過した選手をトレードすることは出来ない。  前回の記事 More »

トレードデッドラインが間近に迫る中、一足早く動き出したGM達。

             ミネソタ・ツインズは、ここ2週間程、トレードを控えた行動を行っていた。  この間、40人枠から外した投手は5人である。マット・マギル( More »

タイラー・スカッグスに捧ぐノーヒット・ノーラン

             現地時間7月12日、ロサンゼルス・エンゼルスの選手達は、タイラー・スカッグスの背番号だった45とSKAGGSが記されたユニフォームをま More »

2019年MLBオールスター

               今年のオールスターは節目となる90回目だ。7月9日にクリーブランド・インディアンスの本拠地であるプログレッシブ・フィール More »

 

セプテンバーコールアップ AL編

9470954176_00db79eb67_z

 

 

 

 

 

 

シーズンのMLBもいよいよ終盤戦。レギュラーシーズンは残すところ1ヶ月となった。9月に入り、ロスターが拡大され多くのプロスペクトがメジャーに昇格している。ここではそんなセプテンバーコールアップで昇格したプロスペクトを紹介する。

 

・ショーン・リード・フォーリー ;RHP トロント・ブルージェイズ

ブルージェイズ期待の将来のローテーション候補。昨シーズンに成績が悪化し、評価を落としていたが、元々チームトップクラスの評価を受けていたプロスペクトで16年にはマイナー全体6位となる被打率.190を記録している。速球は97マイルに達し、キレのあるスライダー、カーブとの組み合わせで多くの三振を奪うことが出来る。メジャーデビューは8月に既に果たしていたが、結果を残すことが出来ずにマイナー降格していた。今回の昇格では来年以降のローテーション争いに食い込むような活躍を見せることが出来るのか注目したい。

 

また、ブルージェイズはキャッチャーのダニー・ジャンセン、外野手のアンソニー・アルフォードなど他のプロスペクトも昇格を経験しており、来年にはメジャートップの評価を受けるブラディミール・ゲレーロJrの昇格も予想される。現在、チームは苦しい戦いを強いられているが着実にチームの再建は進んできているだろう。

1 2 3

コメントを残す