2018 ALDS Review :NYY vs BOS

8132298787_3748288f50_z (1)

 

 

 

 

 

 

 

次にこのシリーズの注目点をピックアップしていく。

 

注目点1→レッドソックスの日替わりヒーロー

レッドソックスはシリーズを通して日替わり
ヒーローが誕生していた印象を受ける。特に、第3戦のホルトのサイクルヒット、第4戦にはクリスチャン・バスケスが貴重な追加点となるホームランは非常に印象的である。一方でヤンキースはレッドソックス投手陣に抑え込まれ、シリーズで放ったタイムリーは僅か2本と攻撃力を発揮できなかった。

注目点2→Game3

第3戦の時点で、シリーズはほぼ決着していたのかもしれない。第2戦に勝ってホームに戻ったヤンキースは先発のマウンドにセベリーノを託し、試合を運ぶつもりだった。ところが、試合開始8分前になってもセベリーノはウォーミングアップを開始していなかったのだ。セベリーノが試合開始時間を間違えたという説が浮上したが、本人はこれを否定。しかし、準備不足なのは明らかだった。そのままマウンドに上がったが球速は上がらず、序盤からレッドソックス打線に捕まった。結果は3回を投げて自責点6。失った流れを引きずり、チームはフランチャイズ史上最悪の大敗を喫する形に。そのままレッドソックスにシリーズの引導を渡してしまった。

2004年以来の再戦ということで注目が集まったシリーズであったが、結果はレッドソックスが3-1で勝ち進んだ。勝ったレッドソックスは2013年以来のALCS進出、アストロズとの対戦になる。

 

Text by Ryoto Nobe

Photo https://www.flickr.com/photos/jenniferboyer/8132298787/

1 2

コメントを残す