FEDハンドブック2019特別インタビュー:ラーズ・アンダーソン選手(元BOS)

20180121_215619

 

 

 

 

 

今回は3月末に販売する「FEDハンドブック2019」に掲載するかつてボストン・レッドソックスでプレイしたラーズ・アンダーソン選手にインタビューを一部特別公開します。

アンダーソン選手は高校卒業後2006年のドラフトで指名を受けてレッドソックスに入団。その後は階級を上げていき2009年開幕前のMLB公式サイトのプロスペクトランキングでは、全体で25位にランクインしました。その後MLBに昇格しましたが、レッドソックスの層の厚さにも阻まれ期待されたほどの活躍はできずMLBでは合計30試合の出場に終わりました。

その後マイナーリーグでプレイして2017年には四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドックスに入団。退団後はオーストラリアとドイツの球団に所属しました。様々な国で野球をしたアンダーソン選手に各国間の野球に対する考え方の違いやアメリカ時代の濃密なお話を伺うことができました。それではインタビューをお楽しみください。

――アンダーソン選手は2016年までドジャースのAAAでプレイされていました。しかし2017年以降は、日本、オーストラリア、ドイツと様々な国でプレイされています。どうしてこのように様々な国でプレイされているのでしょうか?

 

――僕はプロ野球選手としてアメリカ国内で10年間プレイしてきた。もし野球を続けるならば、今までとは異なる経験をして違う国で野球をしたいと思ったんだ。そうすれば、世界を見ることと野球をプレイすることが両立できるから。また僕はBirdman Batsと呼ばれるバットの会社のオーナーを務めている。海外でプレイすることで、僕の会社が生産しているバットが新しく刺激的な市場に届くようになると思ったんだ。

1 2

コメントを残す