後半戦展望:セントルイス・カージナルス

               現在、ナショナルリーグ中地区の首位はセントルイス・カーディナルスだ。この地区は、得失点差マイナスのミルウォーキー・ブリュ More »

後半戦展望:ミネソタ・ツインズ

             シーズンの大半を首位で過ごし続けたツインズ。トレード戦線ではリリーフ投手を中心に補強を展開した。マイアミ・マーリンズからセルジオ・ロモ More »

後半戦展望:ワシントン・ナショナルズ

             ブライス・ハーパー(RF)の流出から開幕したナショナルズ の2019年シーズン。序盤戦は低空飛行で一時期借金は二桁まで膨らんだ。しかし More »

2019年 Draft Review:トロント・ブルージェイズ

            今シーズンも終盤戦を迎え、地区優勝、ワイルドカード争いが激化している。19年シーズンも6月にドラフトを終え、各指名選手がマイナーでデビュ More »

2019年 Draft Review:ピッツバーグ・パイレーツ

              今シーズンも終盤戦を迎え、地区優勝、ワイルドカード争いが激化している。19年シーズンも6月にドラフトを終え、各指名選手がマ More »

 

野球における必勝法とその衰退について

449351402_6efeaa9989_z

 

 

 

 

 

 

 

 野球に限らず、あらゆるスポーツには、そしてゲームには、”必勝法”なるものがあったりなかったりする。

・知恵

・経験

・環境

から導き出される最善策を、人々は”必勝法”として用いている。だから、必然的にそれは淘汰されるものである。否、淘汰されなければいけない。そして、また新しいものが生まれる。であるからして、必勝法なるものは、あったりなかったりする。

 

 淘汰される要因は大きく分けて2つあると考える。

・規制

・進化

である。

 

 私はしばしば、規制によって選手生命が変わってしまった野球選手として、ウィリー・キーラーを挙げることにしている。イチローが10年連続200本安打を達成する前、連続200本安打の記録を保持していたのが彼である。

 キーラーは、非常に短いバットを更に短く持つことで、セーフティバントやボルチモアチョップと呼ばれるヒットで内野安打を量産した選手である。本塁打が少ない時代においても、特にパワーレスな選手として有名であった。

 当時、ファールはストライクの対象に含まれておらず、また、2ストライクからバントでファールになってもアウトになることはなかった。すなわち、バントでファールをして打てるボールを待つことが”必勝法”であった。しかし、ルール改定(規制)により現行のルールに変わってしまったため、彼の成績は下降の一途を辿ることになる。

 くわえて、スピットボールが流行したことも成績下降の要因として挙げられている。バントでファールをする必勝法がスピットボールという必勝法によって通用しなくなったのである。そして、そのスピットボールもルールによる規制でトレンドから姿を消して久しい。

1 2 3

コメントを残す