アルシデス・エスコバーのヤクルト・スワローズ移籍とそこから考えられる影響

               ヤクルト・スワローズが10月30日、アルシデス・エスコバーとの契約を発表した。まだワールドシリーズが終わっていない時期に More »

「MLBを仕事にする」:記者水次祥子さんへのインタビュー

              不定期連載でお送りする、MLBの舞台で選手以外として活躍している方へのインタビュー企画の第3弾。今回は、ニューヨークと東京 More »

2019 ALDS Review:HOU vs TB

               ア・リーグ西地区を制したヒューストン・アストロズの対戦相手はワイルドカードを制したタンパベイ・レイズとの組み合わせとなった。  Game1 TB 2-6 HOU 勝: ジャスティン・バーラン More »

2019 World Series Review : Game7

              勝った方がワールドチャンピョンとなる運命のGame7。歓喜の瞬間を目の当たりにしようと球場には43,000を越えるファンが More »

2019 World Series Review : Game6

              お互いにロードでのゲームを取り合い、アストロズが3勝と王手を掛けて臨んだGame6。この試合では追い込まれたナショナルズが More »

 

野球における必勝法とその衰退について

449351402_6efeaa9989_z

 

 

 

 

 

 

 

 野球に限らず、あらゆるスポーツには、そしてゲームには、”必勝法”なるものがあったりなかったりする。

・知恵

・経験

・環境

から導き出される最善策を、人々は”必勝法”として用いている。だから、必然的にそれは淘汰されるものである。否、淘汰されなければいけない。そして、また新しいものが生まれる。であるからして、必勝法なるものは、あったりなかったりする。

 

 淘汰される要因は大きく分けて2つあると考える。

・規制

・進化

である。

 

 私はしばしば、規制によって選手生命が変わってしまった野球選手として、ウィリー・キーラーを挙げることにしている。イチローが10年連続200本安打を達成する前、連続200本安打の記録を保持していたのが彼である。

 キーラーは、非常に短いバットを更に短く持つことで、セーフティバントやボルチモアチョップと呼ばれるヒットで内野安打を量産した選手である。本塁打が少ない時代においても、特にパワーレスな選手として有名であった。

 当時、ファールはストライクの対象に含まれておらず、また、2ストライクからバントでファールになってもアウトになることはなかった。すなわち、バントでファールをして打てるボールを待つことが”必勝法”であった。しかし、ルール改定(規制)により現行のルールに変わってしまったため、彼の成績は下降の一途を辿ることになる。

 くわえて、スピットボールが流行したことも成績下降の要因として挙げられている。バントでファールをする必勝法がスピットボールという必勝法によって通用しなくなったのである。そして、そのスピットボールもルールによる規制でトレンドから姿を消して久しい。

1 2 3

コメントを残す