トレバー・バウアーが絡んだ三角トレード

             今年のMLBのトレードデッドラインはルールの変更か、それともプロスペクト重視のトレンドを受けてか例年に増して膠着していたが、期限まで2 More »

トレード・デッドラインを振り返って

             トレード期限が終わった。今年から8月中のトレードは禁止されており、ウェーバーを通過した選手をトレードすることは出来ない。  前回の記事 More »

トレードデッドラインが間近に迫る中、一足早く動き出したGM達。

             ミネソタ・ツインズは、ここ2週間程、トレードを控えた行動を行っていた。  この間、40人枠から外した投手は5人である。マット・マギル( More »

タイラー・スカッグスに捧ぐノーヒット・ノーラン

             現地時間7月12日、ロサンゼルス・エンゼルスの選手達は、タイラー・スカッグスの背番号だった45とSKAGGSが記されたユニフォームをま More »

2019年MLBオールスター

               今年のオールスターは節目となる90回目だ。7月9日にクリーブランド・インディアンスの本拠地であるプログレッシブ・フィール More »

 

FEDインタビュー「MLBを仕事にする」第2弾 – MLB4球団で広報インターン・通訳を経験し、現在はフリーランスとして活躍する新川諒さん

 

☆仕事を考える上で大切なこと

 

―もし大学時代に戻れるとしたら、どのような進路を考えますか?

 

通訳はどうしても選手ありきの仕事で、いつまでも続けられるわけではないので、独り立ちできている仕事に就けていれば良かったなというのはありますね。ですが、貴重な経験をできたことに変わりはないので今はそれを最大限に活かしていければと思います。

 

―なぜフリーランスになる決心をしたのですか?

 

家族もいる中で、40歳、50歳になっても通訳を続けるのは個人的に難しいと思い、方向性を変えました。そこは、個人がどこに価値を置くかによると思います。フリーランスになってからはスケジューリングも自分でできるようになりましたね。

 

―私たち学生が今の時期にしておいた方が良いことについてアドバイスをお願い致します。

 

大学生だから許されること、例えば、こういう仕事に興味があるのでお話を聞かせてくださいだとかをすべきですね。私も当時はいろいろとやっていたんですが、意外とその時に受け入れてくれた人と今でも繋がっています。フットワーク軽く行けるのは大学生の特権ですよね。遊ぶお金を稼ぐためにバイトを入れがちだとは思うんですが、それを少し我慢して、将来に向けての投資という意味で、そういう機会に触れていけたらいいのかなと思います。

 

新川さんについてもっと知るには

新川 諒さんのTwitter@Ryo_Shinkawa

note(https://note.mu/ryo_shinkawa

 

Interviewed By Yuichi Ando & Shotaro Komiya

1 2 3

コメントを残す