トレバー・バウアーが絡んだ三角トレード

             今年のMLBのトレードデッドラインはルールの変更か、それともプロスペクト重視のトレンドを受けてか例年に増して膠着していたが、期限まで2 More »

トレード・デッドラインを振り返って

             トレード期限が終わった。今年から8月中のトレードは禁止されており、ウェーバーを通過した選手をトレードすることは出来ない。  前回の記事 More »

トレードデッドラインが間近に迫る中、一足早く動き出したGM達。

             ミネソタ・ツインズは、ここ2週間程、トレードを控えた行動を行っていた。  この間、40人枠から外した投手は5人である。マット・マギル( More »

タイラー・スカッグスに捧ぐノーヒット・ノーラン

             現地時間7月12日、ロサンゼルス・エンゼルスの選手達は、タイラー・スカッグスの背番号だった45とSKAGGSが記されたユニフォームをま More »

2019年MLBオールスター

               今年のオールスターは節目となる90回目だ。7月9日にクリーブランド・インディアンスの本拠地であるプログレッシブ・フィール More »

 

Weekly Report:Week-3

706182557_a25c0fa284_z

 

 

 

 

 

 

 

・ライアン・ヘルスリー

 Written by Kazuki Sugihara

 球団内プロスペクトランキング9位のライアン・ヘルスリー(STL)が、現地時間4月16日、対ブリュワーズ戦でメジャーデビューを飾った。8点ビハインドの5回、ツーアウト、ランナー2、3塁の状況でリリーバーとしてメジャー初登板。しかし、開幕から絶好調のクリスチャン・イェリッチにいきなり3ランホームランを打たれメジャーリーグの洗礼を受けた。しかしその後は調子を取り戻し、2回1/3を投げ無四球、4奪三振と上々のデビュー戦となった。また7回にはプロ初打席初安打を放っている。

 

 マイナー時代は先発として起用されており、平均90mph後半の高スピンレートの速球とカーブ、カッター、チェンジアップのコンビネーションで奪三振を量産。しかしコマンドに課題があり、昨シーズンは肩を怪我したこともあってリリーバー転向もささやかれていた。

 この日の最速は自己ベストを更新する101mph、平均も99mphと速球での空振りが目立った。しかし変化球が上手くきまらない場面が多く見られ、コマンドにやや苦労していた様子であった。それでもやはり、威力抜群の速球は魅力的で、ジョーダン・ヒックスとの100mphコンビで強力なリリーフ陣形成に期待が持てる。

 

 

1 2 3 4 5 6

コメントを残す