開幕延期した時間を使うには野球ファンはどうすれば良いのか

              Florida College Summer League 公式HP:http://floridaleague.com/v More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 10-1

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 20-11

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 30-21

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 40-31

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

 

Weekly Report:Week-3

706182557_a25c0fa284_z

 

 

 

 

 

 

 

・ライアン・ヘルスリー

 Written by Kazuki Sugihara

 球団内プロスペクトランキング9位のライアン・ヘルスリー(STL)が、現地時間4月16日、対ブリュワーズ戦でメジャーデビューを飾った。8点ビハインドの5回、ツーアウト、ランナー2、3塁の状況でリリーバーとしてメジャー初登板。しかし、開幕から絶好調のクリスチャン・イェリッチにいきなり3ランホームランを打たれメジャーリーグの洗礼を受けた。しかしその後は調子を取り戻し、2回1/3を投げ無四球、4奪三振と上々のデビュー戦となった。また7回にはプロ初打席初安打を放っている。

 

 マイナー時代は先発として起用されており、平均90mph後半の高スピンレートの速球とカーブ、カッター、チェンジアップのコンビネーションで奪三振を量産。しかしコマンドに課題があり、昨シーズンは肩を怪我したこともあってリリーバー転向もささやかれていた。

 この日の最速は自己ベストを更新する101mph、平均も99mphと速球での空振りが目立った。しかし変化球が上手くきまらない場面が多く見られ、コマンドにやや苦労していた様子であった。それでもやはり、威力抜群の速球は魅力的で、ジョーダン・ヒックスとの100mphコンビで強力なリリーフ陣形成に期待が持てる。

 

 

1 2 3 4 5 6

コメントを残す