タイラー・スカッグスに捧ぐノーヒット・ノーラン

             現地時間7月12日、ロサンゼルス・エンゼルスの選手達は、タイラー・スカッグスの背番号だった45とSKAGGSが記されたユニフォームをま More »

2019年MLBオールスター

               今年のオールスターは節目となる90回目だ。7月9日にクリーブランド・インディアンスの本拠地であるプログレッシブ・フィール More »

19奪三振ノーノーを達成したクマー・ロッカーがカレッジ・ワールドシリーズ最優秀選手に輝いた2019年シーズンについて

             先日、バンダービルト大学がミシガン大学を8-2で下し、2014年以来となるカレッジ・ワールドシリーズ(CWS)制覇を果たした。そこで最 More »

エイドリアン・ベルトレの21年間の軌跡を振り返る

             2018年、1998年から21年間メジャーでプレーしたテキサス・レンジャーズのエイドリアン・ベルトレ(3B)が引退した。  最後のシー More »

1904年以来となるシリーズ5死球を記録したデレク・ディートリック

               シンシナティ・レッズ所属のデレク・ディートリック(2B)がメジャー新記録を樹立した。というのも、対ブリュワーズのシリーズ More »

 

Lock Back Big Trade-レンジャーズが逆転地区優勝を果たした2015年トレードデッドラインのトレード

Rangers at Orioles 8/4/16

 

 

 

 

 

 

 

・トレードがフィリーズに与えた影響

 トレードで獲得したアイコッフ(RHP)はすぐさまローテーションに定着。17年まで再建期フィリーズを支えた。ウィリアムズ(OF)やアルファロ(C)もメジャー昇格して結果を残したため、5人中3人のプロスペクトが活躍したことになる。よって、良いトレードだったと考えられる。

 

・フィリーズにトレード加入した 選手について

 アルファロ(C)はトレードの翌年、2016年にメジャーデビュー。2018年に正捕手に定着し、108試合出場10本塁打OPS.731。何より強肩が目立った。オフにはJTリアルミュート(C)のトレード要員の1人として移籍。今季はここまで21試合に出場し5本塁打OPS.842と前年を上回りそうな勢いだ。

 ウィリアムズ(OF)は2017年にメジャーデビュー。同年83試合出場12本塁打OPS.811をマークしスタメンに定着。翌年も140試合に出場し17本塁打OPS.749。今季はここまで24試合に出場し1本塁打OPS.984。アンドリュー・マカッチェン(OF)やブライス・ハーパー(OF)の加入に伴い、半スタメンに降格している。したがって、近い内にトレードされる可能性がある。

 アイコッフ(RHP)は先の通り、移籍後ローテーションに定着。8先発防御率.265をマーク。2016年は実質エース級のパフォーマンスを発揮するも、翌年以降はパッとせず。故障の完治後はボーダーラインスターターかロングリリーバーに配置転換される可能性が考えられる。

TEX
Player POS r-WAR
コール・ハメルス LHP 10.7
ジェイク・ディークマン LHP 3.0
Total   13.7
PHI
Player POS r-WAR
マット・ハリソン LHP 0.0
ジェラッド・アイコッフ RHP 7.0
アレク・アッシャー RHP -0.4
ホルヘ・アルファロ C 1.7
ニック・ウィリアムズ OF -1.1
ジェイク・トンプソン RHP 0.3
Total   7.5

WARはBaseball Referenceのr-WARを参考にしている。トレード後移籍して増減したWARは含んでいない。

 

 トンプソン(RHP)は2016年にメジャーデビューするも10先発防御率5.70と結果を残せず、昨年8月にDFA。ブリュワーズに移籍するもマイナー登板に留まり、今季はKBOのロッテ・ジャイアンツでプレー。6先発34.2回防御率4.41。

 アッシャー(RHP)は移籍後すぐにメジャーデビューするも7先発防御率9.31と苦戦。2016年は5先発防御率2.28と翌年の飛躍が期待されたが翌年にオリオールズにトレード。オリオールズでは先発とリリーフで24試合に登板し防御率5.25と微妙な成績に終わった。昨年は開幕前にDFA。ドジャースを経由してブリュワーズに移籍するも2登板に留まり、今季は独立リーグアトランティック・リーグのシュガーランド・スキーターズでプレー。

 

・結論

 以上のように、このトレードはレンジャーズに地区2連覇をもたらし、フィリーズは再建を推し進めるプロスペクトを複数人獲得。現在チームに残っているのはウィリアムス(OF)とアイコッフ(RHP)だけだが、両チームに大きな利益を残した成功のトレードと言えるだろう。

1 2 3

コメントを残す