後半戦展望:セントルイス・カージナルス

               現在、ナショナルリーグ中地区の首位はセントルイス・カーディナルスだ。この地区は、得失点差マイナスのミルウォーキー・ブリュ More »

後半戦展望:ミネソタ・ツインズ

             シーズンの大半を首位で過ごし続けたツインズ。トレード戦線ではリリーフ投手を中心に補強を展開した。マイアミ・マーリンズからセルジオ・ロモ More »

後半戦展望:ワシントン・ナショナルズ

             ブライス・ハーパー(RF)の流出から開幕したナショナルズ の2019年シーズン。序盤戦は低空飛行で一時期借金は二桁まで膨らんだ。しかし More »

2019年 Draft Review:トロント・ブルージェイズ

            今シーズンも終盤戦を迎え、地区優勝、ワイルドカード争いが激化している。19年シーズンも6月にドラフトを終え、各指名選手がマイナーでデビュ More »

2019年 Draft Review:ピッツバーグ・パイレーツ

              今シーズンも終盤戦を迎え、地区優勝、ワイルドカード争いが激化している。19年シーズンも6月にドラフトを終え、各指名選手がマ More »

 

Weekly Report : Week-5

47716328772_eb399c61c1_z

 

 

 

 

 

 

デトロイトの絶対的守護神

Written by Yu Kikuchi

 ーズンが始まって早くも1ヶ月がたった。4/26にブラディミール・ゲレーロJr.(3B)がメジャーデビューするなど今年も話題をかかないメジャーリーグ。そんな中4月の月間最優秀リリーフ(ア・リーグ)にDETのシェーン・グリーンが選ばれた。今シーズンはすでに13セーブ(5/3現在)を挙げており、セーブ失敗は0。DETの絶対的守護神だ。

photo by mlb.com

 

 まずはグリーンの経歴を振り返ってみよう。

 グリーンは09年15巡目(全体465位)でNYYに入団した30歳。14年にメジャーデビュー。16年にはそれまでの先発からリリーフに転向。17年には71試合に登板し飛躍の年となった。クローザーとして迎えた18年はリーグ4位の32セーブを挙げるも9月に打ち込まれ、結果ERA5.12と不甲斐ない成績に終わった。(以下18年の月別成績)

photo by baseball savant.com

 今シーズン大きくブレイクしたグリーン。飛躍の鍵はどこにあるのか筆者が分析してみた。持ち球のスライダーとカッターが成績upの主な理由と考えられる。スライダーの空振り率が昨年の34.6%から43.5%に向上。カッターの空振り率は26.5%から41.9%へと向上した。それぞれの球種の投球割合こそ変わらないものの、これらの数字の向上が飛躍につながったことは間違いないだろう。

photo by baseball savant.com

 現在(5/3現在)地区4位に沈むDET。チームOPS.681でリーグ24位と打線はからっきし。若手のクリスティン・スチュワート(OF)、ジェイマー・キャンデラリオ(3B)が伸び悩んでおり、頼りは不良債権化しているベテランのミゲル・カブレラ(1B)くらい。さらにプロスペクトも投手こそ揃っているものの、野手は小粒感は否めない。スプリング・トレーニングで田中将大(RHP)からホームランを放ったプロスペクトのダズ・キャメロン(OF)も3Aで苦しんでおり、しばらくは苦しいシーズンが続きそうだ。かつてリーグ4連覇をしたチーム復活のためにも、筆者はグリーンを今シーズン中トレードで放出し野手のプロスペクトを獲得することを大きく進める。

photo by mlb.com

 *以下は若手の成績(上からMLB、3A、2Aとなっている。(チームプロスペクト30位以内に入るマイナー選手はアンダーラインを引いている。メジャーの選手は25歳以下に引いている。))

photo by mlb.com

photo by milb.com

photo by milb.com

 

1 2 3 4 5 6

コメントを残す