Weekly Report : Week-11

              Photo link https://flic.kr/p/ziEooX   昨年のエドウィン・エンカーナシオンが More »

Weekly Report : Week-10

              Photo: http://bit.ly/2Z70TtE   カブスとキンブレルの契約の裏側 ホセ・イグレシアス More »

遊撃手が注目を集める2019 International Amateur FAについて

             MLB公式による2019~20年度の国際アマチュアフリーエージェント選手トップ30が発表された。    今年度の国際アマチュアフリーエ More »

2019 Mock Draft

             6月3日〜6月5日にMLBドラフト会議が開催される。正式名称は”The Major League First-Year Player Draft More »

Weekly Report : Week-7

               Photo link https://flic.kr/p/cmAsKq   今週のプロスペクト―ウラディミール More »

 

2019 Mock Draft

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

  

9.Braves:ジャクソン・ラトリッジ(RHP)

 20歳:R/R:サン・ジャッキント大学

 短期大学所属の投手。そのため、通常の大学より1年早く指名を受けられる。2メートルを超える長身から投げ下ろす直球はマックス99~101マイルで今ドラフト最速の投手。しかしコントロールに難があることが弱点。また2018年には股関節唇の断裂するなど、巨漢であるがためのコンディションに将来不安が。

  W L ERA G IP H BB SO OBA
2018 3 0 3.45 12 15.2 13 11 14 .210


10.Giants:ブライソン・ストット(SS)

 21歳:R/L:ネバダ・ラスベガス大学

 ブランドン・クロフォードと比較される大学No.1ショート。守備が上手く、長年ショートを守ることが期待される。三振の数より多く四球を選べる選球眼も魅力。パワー不足が唯一の懸念点だが、今年に入って長打も増えてきたようだ。

  AVG AB R H HR SLG% OB% SB
2017 .294 214 31 63 1 .379 .359 4
2018 .365 252 61 92 4 .556 .442 14
2019 .356 222 65 79 10 .599 .486 16


11.
Blue Jays:コービン・キャロル(OF)

 18歳:L\L:レイクサイド高校

 外野はセンターを中心にどこでも守れる。スピード、アーム、野球IQの高い選手。スカウトはアンドリュー・ベニンテンディ(OF)と比較している。昨年のパーフェクトゲームではMVPを獲得するなど活躍。パワーがないと思われがちだが、コンパクトなスイングからホームランを打つことも。

 

12.Mets:ザック・トンプソン(LHP)

 21歳:L/L:ケンタッキー大学

 高校時代にTBに11巡目で指名されるも大学に進学。1年目からベストナインに選出されるなど活躍する。2年目も活躍するが、シーズン途中に肘を故障しシーズンを半休。平均90マイル台前半のストレートにスライダー、カーブ、チェンジアップの3種類の変化球を投げ分ける。コントロールが悪いのが難点。

  W L ERA G IP H BB SO OBA
2017 8 3 3.45 20 75.2 50 38 96 .187
2018 2 1 4.94 9 31.0 24 20 42 .213
2019 6 1 2.40 14 90.0 59 34 130 .184

 

13.Twins:シェイ・ラングリアーズ(C)

 21歳:R/R:ベイラー大学

 アドリー・ラッチマンに次ぐ全米第2の捕手。守備では圧倒的な成績を残しているも、打撃成績はイマイチ。しかし、バッティングのスカウトの評価も高く、場合によっては捕手が欲しいチームがもっと上位で指名する可能性も。

  AVG AB R H HR SLG% OB% SB
2017 .313 211 43 66 10 .540 .388 1
2018 .252 226 49 57 11 .496 .351 4
2019 .297 175 30 52 7 .474 .364 4

 

14.Phillies:R/R:アレック・マノア(RHP)

 21歳:R/R:ウエストバージニア大学

 何と言っても特徴は、201センチ125キロの巨漢。フォーシームは最速98マイル。武器は82マイル~84マイルのスライダー。4月には、34.1イニング連続無失点を記録するなど今年に入って絶好調。ちなみに兄のエリックは14年にNYMに13巡目で入団。

  W L ERA G IP H BB SO OBA
2017 1 1 3.07 19 55.2 43 33 45 .224
2018 3 5 4.00 23 54.0 53 28 60 .252
2019 9 3 1.85 15 102.1 67 23 135 .186

 

15.Angels:キオニ・カバコ(3B)

 17歳:R/R:イーストレイク高校

 イーストレイク高校ではエイドリアン・ゴンザレス(1B)以来の1巡目指名されそう。大きな実績こそないが、ここにきて株が上がっている。サードの他にセカンド、外野と複数ポジションを守れることは大きいだろう。

  AVG AB R H HR SLG% OB% SB FLD%
15-16 .000 3 0 0 0 .000 .000 0 .667
17-18 .400 10 0 4 0 .800 .400 0 1.000
18-19 .429 21 7 9 1 .619 .517 3 .857
Total .419 34 7 13 1 .677 .487 3 .867

 

16.Diamondbacks:マシュー・アラン(RHP)

  18歳:R/R:セミノール高校

  最速97マイルの直球を主体にカーブ、チェンジアップを投げる。コマンドも良く、あまり悪いところが見当たらない選手。スカウトの中には腕の背面での動き懸念する人もいるが、全く影響を与えることはないだろう。

  W L ERA G IP H BB SO OBA
16-17 1 0 0.00 1 7.0 0 1 4 .000
18-19 2 0 2.17 2 9.2 4 4 16 .114

 

1 2 3 4

コメントを残す