後半戦展望:セントルイス・カージナルス

               現在、ナショナルリーグ中地区の首位はセントルイス・カーディナルスだ。この地区は、得失点差マイナスのミルウォーキー・ブリュ More »

後半戦展望:ミネソタ・ツインズ

             シーズンの大半を首位で過ごし続けたツインズ。トレード戦線ではリリーフ投手を中心に補強を展開した。マイアミ・マーリンズからセルジオ・ロモ More »

後半戦展望:ワシントン・ナショナルズ

             ブライス・ハーパー(RF)の流出から開幕したナショナルズ の2019年シーズン。序盤戦は低空飛行で一時期借金は二桁まで膨らんだ。しかし More »

2019年 Draft Review:トロント・ブルージェイズ

            今シーズンも終盤戦を迎え、地区優勝、ワイルドカード争いが激化している。19年シーズンも6月にドラフトを終え、各指名選手がマイナーでデビュ More »

2019年 Draft Review:ピッツバーグ・パイレーツ

              今シーズンも終盤戦を迎え、地区優勝、ワイルドカード争いが激化している。19年シーズンも6月にドラフトを終え、各指名選手がマ More »

 

2019 Mock Draft

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 


17.Nationals:ジョシュ・ユング(3B)

   21歳:R/R:テキサス工科大学

 18年は打率.392、出塁率.491と大活躍。将来的には安定して25~30本塁打を打ちそう。打撃に目が行きやすいが、選球眼が魅力。19年シーズンは55試合で51四球を選んでいる。欠点をあげるとしたらスピードくらいだろう。

 

  AVG AB R H HR SLG% OB% SB
2017 .306 245 55 75 6 .453 .395 2
2018 .392 263 69 103 12 .639 .491 4
2019 .337 205 57 69 11 .610 .477 1

 

18.Pirates:ブレット・バティー(3B)

 19歳:R/L:レイク・トラビス高校

 鋭いスイングから今シーズン37試合で19本のホームランを放つ長距離打者。年齢が19歳と他の高校生に比べて高いことがネック。しかし、それを補うだけの打撃能力が彼にはあるようだ。

  AVG AB R H HR SLG% OB% SB FLD%
15-16 .392 74 13 29 1 .554 .468 2 1.000
16-17 .000 0 1 0 0 .000 1.000 0 .000
17-18 .389 18 6 7 1 .722 .542 1 .857
18-19 .615 96 63 59 19 1.333 .736 10 .914

 

19.Cardinals:クイン・プリースター(RHP)

 19歳:R/R:キャリー・グローブ高校

 最速96マイルの直球(平均91~93マイル)にカーブ、チェンジアップ、ツーシームを投げ分ける。自身でビデオとデータを利用するなど研究熱心。カーブは80マイルと緩急が武器。

  W L ERA G IP H BB SO OBA
16-17 3 2 1.07 6 32.2 16 14 44 .129
17-18 1 0 1.00 6 14.0 11 1 19 .212
18-19 8 2 1.16 12 60.1 32 14 91 .150

 

20.Mariners:ジョージ・カービー(RHP)

 21歳:R/R:エロン大学

 16年にNYMに32巡目で指名される大学に進学。最速98マイルの直球を投げるパワーピッチャー。今シーズン107奪三振で四球6とコントロールが抜群。ジョーダン・ジマーマンと比較されることも。

  W L ERA G IP H BB SO OBA
2017 1 3 4.84 16 61.1 67 17 55 .271
2018 10 3 2.89 15 90.1 88 27 96 .256
2019 8 2 2.75 14 88.1 73 6 107 .221

 

21.Braves:ローガン・デビッドソン(SS)

 21歳:R/S:クレムソン大学

 2016年にPHIに指名されるも、かつて父がプレーしていたクレムソン大学に進学。18年シーズンでは金属バットでOPS.939と打った一方で、木のバットではOPS.570とからっきし。それでも素材は一級品でこの順位での指名が予想される。

  AVG AB R H HR SLG% OB% SB
2017 .286 241 56 69 12 .473 .388 10
2018 .292 250 60 73 15 .544 .408 10
2019 .298 228 55 68 15 .592 .421 17


22.Rays:ガナー・ヘンダーソン( SS)

 17歳:R/L:モーガンアカデミー

 今ドラフトの高校生の中では、トップクラスの好打者。好きな選手はコリー・シーガー( SS)。野球だけでなくバスケットボールもこなす身体能力を兼ね備えている。ちなみに、兄はDETのジャクソン。

  AVG AB R H HR SLG% OB% SB FLD%
17-18 .500 14 3 7 0 .714 .562 2 .859
18-19 .559 102 69 57 11 1.225 .641 32 1.000

 

23.Rockies:ウィル・ウィルソン(SS)

 20歳:R/R:ノースカロライナ大学

 小柄ながら長打力に優れ、また積極的なアプローチながら選球眼に欠くことはない。全体的な能力は高いものの、飛び抜けたツールを持ち合わせていないとの声も。スピードは平均以下で、守備での一歩目、肩も含め、セカンドの方が適任か。木製バットに苦戦しているところが懸念。

  AVG AB R H HR SLG% OB% SB
2017 .300 240 41 72 8 .504 .881 2
2018 .307 238 50 73 15 .588 .964 1
2019 .350 214 55 75 16 .687 1.126 1

 

24.Indians:マイケル・ブッシェ(1B/OF)

 21歳:R/L:ノースカロライナ大学

 完成度の高い打撃が魅力。今年は打率こそ落としたものの、四球と長打を増やして全体の成績を向上させた。木製バットは全く苦にしておらず、打撃に関しては早期昇格も望めるかもしれない。スピードは平均以下で外野としては厳しいかも。

  AVG AB R H HR SLG% OB% SB
2017 .215 135 21 29 3 .341 .349 2
2018 .317 240 70 76 13 .521 .465 8
2019 .291 223 73 65 15 .565 .443 4

 

1 2 3 4

コメントを残す