Weekly Report : Week-11

              Photo link https://flic.kr/p/ziEooX   昨年のエドウィン・エンカーナシオンが More »

Weekly Report : Week-10

              Photo: http://bit.ly/2Z70TtE   カブスとキンブレルの契約の裏側 ホセ・イグレシアス More »

遊撃手が注目を集める2019 International Amateur FAについて

             MLB公式による2019~20年度の国際アマチュアフリーエージェント選手トップ30が発表された。    今年度の国際アマチュアフリーエ More »

2019 Mock Draft

             6月3日〜6月5日にMLBドラフト会議が開催される。正式名称は”The Major League First-Year Player Draft More »

Weekly Report : Week-7

               Photo link https://flic.kr/p/cmAsKq   今週のプロスペクト―ウラディミール More »

 

2019 Mock Draft

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

25.Dogers:ダニエル・エスピーノ(RHP)

 18歳:R/R:ジョージア・プレミア・アカデミー

 最速100マイルの速球とスライダー、カーブのコンビネーションで三振を奪う。コマンドはややばらついており、またテイクバックが大きいなどフォームの問題が指摘されている。今シーズンは44回を投げ109奪三振と圧巻。

  W L ERA G IP H BB SO OBA
18-19 9 0 0.32 9 44.0 10 9 109 .068

 

26.Diamondbacks:ブレナン・マロン(RHP)

 18歳:R/R:IMGアカデミー

 最速90マイル半ばだが、速球の評価は高い。その上コマンドも安定している。スライダーと大きく割れるカーブは平均並みか少し上回る程度だが、それを組み合わせることで威力を発揮している。体も大きいためポテンシャルは高い。

  W L ERA G IP H BB SO OBA
18-19 11 0 0.27 11 51.0 23 14 69 .132

 

27.Cubs:コディ・ハウス(3B)

 21歳:R/R:テュレーン大学

 今年は去年の5倍近くのホームランを放つなど、大きく打撃を成長させた。天性のスラッガータイプでコンタクト能力やアプローチにも定評がある。走力は平均以下。最後の9試合でホームラン0本と大ブレーキの所が懸念。

  AVG AB R H HR SLG% OB% SB
2017 .215 121 14 26 0 .281 .289 1
2018 .291 223 34 65 5 .435 .368 4
2019 .391 235 72 92 23 .779 .486 4

 

28.Brewers:タイラー・カリファン(3B)

 18歳:R/L:プロビデンス高校

 守備位置は決まっておらず、セカンド、サード、外野を守る。成長次第では捕手としての可能性を備えている。身体能力に定評があり、長打性の打球を量産する。守備範囲の狭いエリック・チャベス(3B)になるという声も。

 

29.Athletics:セス・ジョンソン( RHP)

 20歳:R/R:キャンベル大学 

 無駄のないフォームから最速98マイルの速球と切れ味鋭いスライダーが武器。カーブとチェンジアップはまだ信頼性に欠けるが、今後経験を重ねることで大きく伸びる可能性はある。

  W L ERA G IP H BB SO OBA
2019 3 3 4.72 13 61.0 57 30 77 .248

 

30.Yankees:キャメロン・ミズナー(OF)

 21歳:L/L:ミズリー大学

 2016年にKCに指名されるも進学。スピードがあり、18年シーズンでは19回盗塁して13回成功している。外野以外にもファーストを守ることができるが、将来はレフトがメインポジションになるのではないだろうか。

  AVG AB R H HR SLG% OB% SB
2017 .282 213 39 60 7 .446 .360 17
2018 .360 125 36 45 4 .576 .497 13
2019 .286 206 54 59 10 .481 .440 20

 

 31.Dodgers:ブレディ・マクニール(SS)

 21歳;R/R:フロリダ大学

 大学入学後、体重を増やし、持ち前のスピード、守備に加え力強い打撃を加えることに成功した。癖のないフォームからライナーを打ち分け、平均レベルのパワーを期待できそう。ただ、アプローチには課題があるようだ。ショートというよりは将来はセンター転向もありそうだ。

  AVG AB R H HR SLG% OB% SB
2018 .136 22 2 3 1 .273 .136 1
2019 .339 221 50 75 15 .593 .393 5

 

32.Astros:JJ・ゴス(RHP)

 18歳:R/R:サイプレス・ランチ高校 

 最速96マイルの直球にスピンのかかったスライダーとチェンジアップを投げる。速球は平均90~93マイルとプロでやるにはもう少しスピードが必要かもしれない。チームメートのマシュー・トンプソン(RHP)も上位指名が濃厚。

  W L ERA G IP H BB SO OBA
16-17 0 0 1.91 2 3.2 4 0 4 .267
17-18 10 2 1.45 15 77.0 48 18 93 .175
18-19 11 2 9.64 15 87.1 31 28 147 .104

 

Written by Yu Kikuchi

Photo link https://flic.kr/p/9PnNkq

1 2 3 4

コメントを残す