Weekly Report : Week-11

              Photo link https://flic.kr/p/ziEooX   昨年のエドウィン・エンカーナシオンが More »

Weekly Report : Week-10

              Photo: http://bit.ly/2Z70TtE   カブスとキンブレルの契約の裏側 ホセ・イグレシアス More »

遊撃手が注目を集める2019 International Amateur FAについて

             MLB公式による2019~20年度の国際アマチュアフリーエージェント選手トップ30が発表された。    今年度の国際アマチュアフリーエ More »

2019 Mock Draft

             6月3日〜6月5日にMLBドラフト会議が開催される。正式名称は”The Major League First-Year Player Draft More »

Weekly Report : Week-7

               Photo link https://flic.kr/p/cmAsKq   今週のプロスペクト―ウラディミール More »

 

遊撃手が注目を集める2019 International Amateur FAについて

46601102335_f7e7810daa_z

 

 

 

 

 

 

 MLB公式による2019~20年度の国際アマチュアフリーエージェント選手トップ30が発表された。

 

 今年度の国際アマチュアフリーエージェント選手トップ30をMLB公式が発表した。

 これは海外の優秀なアマチュア選手をMLB各球団が獲得する手段の一つである。近年は中南米系のメジャーリーガーの存在感が高まりつつあり、その手段の重要性は増してきている。最近ではトッププロスペクトとして颯爽とデビューを果たしたブラディミール・ゲレーロjr(TOR)、フェルナンド・タティースjr(SD)、ロナルド・アクーニャjr(ATL)、フアン・ソト(WSH)、イーロイ・ヒメネス(CWS)そして大谷翔平(LAA)といった面々がこのルートを通じて球団に獲得されていることからも、球団の戦力アップにおける重大さが伺えると思う。

 

 

 さて、今回発表されたランキングだが、上記の円グラフの通り、最多がSSで13人、その次がOFの9人と続いている。過去3年の平均と比較したら分かるように、全体的には今年も似たようなポジション比率となっている。野手の比率が高くなるのは、タレントが野手に固まる中南米選手が多いことから当然といえる。SSが不自然に多いのは、他のポジションと比較した場合のSSの難度の高さから、SSを守れることをアピールすることで、球団からの評価を上積みしようという選手側の考えが読み取れる。

 

 例年と異なる点は、今年度は投手の質が全体的に低いということだ。上記の過去3年の平均を見れば分かる通り、トップ10には平均して2~3人投手が入るのが通年である。だが、今年は初登場すら16位となっている。逆に考えれば、野手の質が高いと言い換えることもできるかもしれないが、2年前は大谷、3年前にはエイドリアン・モレホン(SD)といった選手がそれぞれ1位、3位にランクインしていたことを考えると、少々寂しいかもしれない。

 

 これらの選手のほとんどには既にどの球団が関心を持っているかが記載されており、最多はSDの4人となっている。マイナー、MLBレベル共に若き才能の宝庫であるSDだが、今後も人材集めを怠る気は毛頭ないようだ。その4人の中で個人的に注目しているのが、22位のレギナルド・プレシアド(SS)。パナマ出身の彼は、6フィート4インチという遊撃手には珍しいほどの大柄ながら走攻守兼ね備えており、ロマンを感じさせる。

 また、2人いる捕手のどちらもCHCがフロントランナーとなっていることも興味深い。スター捕手ウィルソン・コントレラスの後釜としては、トッププロスペクトである20歳のミゲル・アマヤが控えているが、さらにその後釜となる選手の獲得を模索しているのかもしれない。

 

 そして、関心を持つ球団の記載がない選手の1人である、7位ランクインのイディ・カッペだが、彼のインスタグラムの自己紹介文にはマイアミ・マーリンズ所属の一文があり(現在は変更済)、すでにMIAが接触している可能性がある(ちなみにサイト記載の写真でもMIA帽を被っている。ただファンなだけかもしれないが)。キューバ出身16歳の彼は、同年代だったころのデレク・ジーター(元NYY)、カルロス・コレア(HOU)と比較される右投右打の大型遊撃手。MIAが他にコンタクトを取っているとみられる2選手も共に遊撃手であり、もし3選手の獲得に成功したならば、内野手プロスペクトに欠けるMIAにとっては、再建の大きな一歩となるかもしれない。

 ただ、彼はまだ各球団と契約を結べる許可が下りておらず、契約可能になるのは2020~21年度からかもしれないということをここに付け加えておく。

 

 これらのランキングはあくまで現時点のもので、将来の成功を約束するものでは決してないことは過去のランキングを見れば明らかである。エイドリアン・ロンドンや、成功間違いなしだったはずのケビン・マイタン(LAA)の意外な苦戦を想起して頂ければすぐに理解できる。しかし、先ほど挙げたメジャーで華やぐ若手スターのうち、アクーニャ以外はトップ30に入っており、当初から評価の高かった選手である。期待値の高さを示すには十分であろう(ちなみに、ランキングの成功例を示すと、2015~16年度などは中々壮観である。逆に2012~13、2014~15などは失敗例といえる)。

 彼らの内何人がメジャーの舞台で活躍するかが、今から楽しみである。契約可能となる期間は、7月2日がスタートとなっている。

 

Written by Yoshihiro Ueda

Photo link https://flic.kr/p/2dZYQaD


コメントを残す