後半戦展望:セントルイス・カージナルス

               現在、ナショナルリーグ中地区の首位はセントルイス・カーディナルスだ。この地区は、得失点差マイナスのミルウォーキー・ブリュ More »

後半戦展望:ミネソタ・ツインズ

             シーズンの大半を首位で過ごし続けたツインズ。トレード戦線ではリリーフ投手を中心に補強を展開した。マイアミ・マーリンズからセルジオ・ロモ More »

後半戦展望:ワシントン・ナショナルズ

             ブライス・ハーパー(RF)の流出から開幕したナショナルズ の2019年シーズン。序盤戦は低空飛行で一時期借金は二桁まで膨らんだ。しかし More »

2019年 Draft Review:トロント・ブルージェイズ

            今シーズンも終盤戦を迎え、地区優勝、ワイルドカード争いが激化している。19年シーズンも6月にドラフトを終え、各指名選手がマイナーでデビュ More »

2019年 Draft Review:ピッツバーグ・パイレーツ

              今シーズンも終盤戦を迎え、地区優勝、ワイルドカード争いが激化している。19年シーズンも6月にドラフトを終え、各指名選手がマ More »

 

2019年MLBオールスター

Hyun-Jin Ryu

 

 

 

 

 

 

 

アメリカン・リーグ

 注目選手はカルロス・サンタナ(CLE)。FAとなった2017年オフにフィリーズと3年総額6000万ドルの契約を結んだ。1年目の2018年は自己最多の161試合に出場で24本塁打86打点.229/.352/.414/OPS.766であった。

 同年11月には2回連続で日米野球のメジャー選抜に選ばれ日本に来日した。翌12月のトレードでフィリーズからマリナーズを経て2年ぶりにインディアンスに復帰した。

 今シーズンは現地時間7/5時点で86試合に出場で19本塁打52打点/.302/.420/.548/OPS.967と過去最高の成績をマークしている。今年のオールスターゲーム投票では1次ラウンドで約118万票を集め最終ラウンドへ、1次で1位だったルーク・ボイト(NYY)を破り、自身初のオールスターゲーム先発出場を決めた。前日に行われるホームランダービーにも初出場が決まっており、本拠地でのホームランダービー優勝へ注目である。

 

 今回のオールスターゲームに出場して欲しかった選手も……。

大谷翔平(LAA)

 2018年投手として10試合を投げ4勝、野手として104試合に出場で打率.285、22本塁打10盗塁を記録。二刀流の活躍でア・リーグの新人王に選ばれた。一方で同年の10月にトミー・ジョン手術を受けている。

 リハビリを重ねて現地時間5/7の対DET戦に3番DHで復帰。5/9に今シーズン初ヒットと5/13の対MIN戦で初ホームランを記録した。

 1ヶ月後の6/13の対TB戦に3番DHで出場し、初回の第1打席に左中間への第8号先制3ランホームラン、第2打席には左中間へのツーベースヒット、第3打席はライト線へのスリーベース、第4打席にセンター前ヒットを放ち、日本人メジャーリーガー初のサイクルヒットを記録する。7/5対HOU戦では先発ジャスティン・バーランダーからセンターへ第13号ソロホームランを放ち25歳の誕生日を自らのバットで祝った。7/5現在51試合に出場で13本塁打 36打点/.309/.361/.569を記録。現在、投手復帰に向けて何度かブルペン入りをしており、来年のオールスターに向けて投打の二刀流での活躍を期待したい。

 

トミー・ラステラ(LAA)

 2018年オフにトレードでカブスから加入。昨年は代打で24安打を放ち球団新記録を出すなど自己最多の123試合の出場で打率.266、1本塁打19打点OPS.672であった一方、出塁率.340を記録するなどメジャー5シーズン平均で出塁率3割以上の安定した成績を残している。

 今シーズン打撃が開花し、打率3割初の2桁ホームランを記録するなどチームの1番打者として定着した。オールスターゲームのファン投票は1次で約171万票を集め最終ラウンドへ進むも、DJ ルメイヒュー(NYY)に逆転されて先発出場とはならなかったが、選手間投票によって初のオールスターゲームへの出場が決まっていた。

 しかし現地時間7/2の対TEX戦で自打球により負傷交代。翌日に右足の脛骨を骨折でIL入り、復帰まで8〜10週間かかる事からオールスターゲームの出場メンバーからも外れた。来年こそ初のオールスターゲーム出場に期待したい。

 

ブランドン・ロウ(TB)

昨年現地時間8/4に対CWS戦でメジャーデビューし、8/6の対NYY戦でメジャー初ヒット初打点、8/28の対ATL戦にて初ホームランを記録するなど43試合に出場し、129打数30安打6本塁打25打点/.233/.324/.450であった。

今年のオープン戦は18試合に出場で打率.377、3本塁打17打点の好成績をマークした。同3月にはレイズと6年総額2400万ドルの長期契約を結んだ。

正二塁手として76試合16本塁打49打点/.276/.339/.523と期待に応える成績を残している。

IL入りしたトミー・ラステラ(LAA)の代替選手として初のオールスター出場が決定した。しかしロウも右足に自打球が当たり、10日間のIL入りとなった。ロウに代わりグレイバー・トーレス(NYY)が出場する。

 

その他の出場選手

*は出場不可の意。

選手間投票

投手

ゲリット・コール(HOU)

ルーカス・ジオリト(CWS)

ジャスティン・バーランダー(HOU)

ジェイク・オドリッジ(MIN) *

ホゼ・ベリオス(MIN)

チャーリー・モートン(TB) *

シェーン・ビーバー(CLE)

アロルディス・チャップマン(NYY)

ブラッド・ハンド(CLE)

ライアン・プレスリー(HOU) 

野手

(C) ジェームス・マッキャン(CWS)

(1B) ホゼ・アブレイユ(CWS)

(2B)トミー・ラステラ(LAA) *

(2B) ブランドン・ロウ(TB) *

(2B) グレイバー・トーレス(NYY)

(3B) マット・チャップマン(OAK)

(SS) フランシスコ・リンドーア(CLE)

(SS)ザンダー・ボガーツ(BOS)

(OF) ムーキー・ベッツ(BOS)

(OF)ジョーイ・ギャロ(TEX)

(OF)オースティン・メドウズ(TB)

(DH)ハンター・ペンス(TEX)*

コミッショナー事務局選出

投手

ジョン・ミーンズ(BAL)

マーカス・ストローマン(TOR)

マイク・マイナー(TEX) *

リアム・ヘンドリクス(OAK)

シェーン・グリーン(DET)

野手

(1B) ダニエル・ボーゲルバック(SEA)

(OF) ウィット・メリフィールド(KC)

 

1 2 3 4 5

コメントを残す