開幕延期した時間を使うには野球ファンはどうすれば良いのか

              Florida College Summer League 公式HP:http://floridaleague.com/v More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 10-1

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 20-11

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 30-21

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 40-31

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

 

2019年MLBオールスター

Hyun-Jin Ryu

 

 

 

 

 

 

 

ホームランダービー

 今年は7月8日に行われる。ホームランダービーの優勝賞金が増え、ブラディミール・ゲレーロ Jr.(3B)やピート・アロンソ(1B)にとっては願ったり叶ったりかもしれないが、それ以外の出場者にとっては、それ程魅力的ではないかもしれない。何はともあれ、昨年ブライス・ハーパー(RF)が制したHRDを今年制するのは誰か、全米の注目が集まっている。インディアンス所属のカルロス・サンタナ(DH)はハーパーのようにホームで優勝出来るだろうか。

 出場者は、クリスチャン・イエリッチ(1)、ゲレーロ Jr.(8)、アレックス・ブレグマン(4)、ジョク・ピーダーソン(5)。アロンソ(2)、サンタナ(7)、ジョシュ・ベル(3)、ロナルド・アクーニャ Jr.(6)である。※イエリッチが出場辞退したため、マット・チャップマンが代役として出場。

 ブレグマンは昨年に引き続き2度目の選出。初戦注目の対決は、何と言ってもイエリッチ対ゲレーロ Jr.だった。知名度ではブレグマンに劣るものの、昨年各種守備の賞を総なめにしたチャップマンとの対決も楽しみである。アロンソ対サンタナのルーキー対ベテランの組み合わせも盛り上がりそうだ。先の通り、サンタナはインディアンス所属であるため決勝戦に進出する姿は是非とも見たい。ただ、筆者の個人的願望かつ予想は、優勝アロンソ、準優勝イエリッチ(ピーダーソン)である。尚、デビューイヤーにHRDを制した場合、1986年のウォーリー・ジョイナー以来となる2人目となる。

 

1 2 3 4 5

コメントを残す