後半戦展望:セントルイス・カージナルス

               現在、ナショナルリーグ中地区の首位はセントルイス・カーディナルスだ。この地区は、得失点差マイナスのミルウォーキー・ブリュ More »

後半戦展望:ミネソタ・ツインズ

             シーズンの大半を首位で過ごし続けたツインズ。トレード戦線ではリリーフ投手を中心に補強を展開した。マイアミ・マーリンズからセルジオ・ロモ More »

後半戦展望:ワシントン・ナショナルズ

             ブライス・ハーパー(RF)の流出から開幕したナショナルズ の2019年シーズン。序盤戦は低空飛行で一時期借金は二桁まで膨らんだ。しかし More »

2019年 Draft Review:トロント・ブルージェイズ

            今シーズンも終盤戦を迎え、地区優勝、ワイルドカード争いが激化している。19年シーズンも6月にドラフトを終え、各指名選手がマイナーでデビュ More »

2019年 Draft Review:ピッツバーグ・パイレーツ

              今シーズンも終盤戦を迎え、地区優勝、ワイルドカード争いが激化している。19年シーズンも6月にドラフトを終え、各指名選手がマ More »

 

19奪三振ノーノーを達成したクマー・ロッカーがカレッジ・ワールドシリーズ最優秀選手に輝いた2019年シーズンについて

4718845539_5715c5f5eb_z

 

 

 

 

 

 

 先日、バンダービルト大学がミシガン大学を8-2で下し、2014年以来となるカレッジ・ワールドシリーズ(CWS)制覇を果たした。そこで最優秀選手に輝いたのは、フレッシュマンのクマー・ロッカー(RHP)である。既に(早ければ)2021年のドラフトの目玉として注目を集めている彼とイーサン・ハンキンス(CLE)との簡単な共通点に触れつつ、同投手の今シーズンを振り返りたい。

 

2018年、高校時代のピッチング。

2019年、大学入学後のピッチング。

 素人意見だが、メカニクスが落ち着いたワインドアップに改善された印象を受ける。以前のメカニクスより安定度を高められたように見え、クイック時の違いが顕著である。速球は94-95マイルのレンジ。変化球は78-81マイルのカーブ(スライダー)、88-91マイルのチェンジアップの2つ。(Prospects Liveより引用)速球は最速98マイルに達する上、大柄な体格と身体能力の高さを両立しており、出力能力は高いと言えるだろう。

 

ショーン・アンダーソンのように

 アンダーソンは2013年の全米ドラフトでワシントン・ナショナルズから40巡目(全体1216位)で指名されるも入団に至らず、NCAAⅠフロリダ大学に進学。2016年に36登板13セーブ防御率0.97と好成績を収め、同年の全米ドラフトでボストン・レッドソックスから3巡目(全体88位指名)で指名されプロ入りを果たした。

 後述するが、ロッカーも昨年、コロラド・ロッキーズから38巡目と下位指名を受けるもNCAAⅠのバンダービルト大学に進学。また、アンダーソンは6-4,235とロッカーと身長体重が近く、コントロールが良い点等も共通しており、ドラフト指名巡やメジャーデビューの参考にならないことはないだろう。尚、アンダーソンは24歳でメジャーデビュー。大学時代はリリーバーであったため、ロッカーの方がデビューは早いかもしれない。

 

イーサン・ハンキンスとの共通点

 2018年の全米ドラフトでクリーブランド・インディアンスから1巡目(全体35位)で指名を受け入団。契約金は$2.2Mであった。2019年はA-に昇格。順調に行けば2023年頃にメジャーデビューを果たすと見られ、ロッカーが2021年にプロ入りした場合、概ね同時期にデビューするはずだ。

 速球は最速98マイルに達し、平均92-96マイル。ロッカーと共に速球の評価が高い。変化球の評価も似通っており、スライダーはセカンドピッチとして良いが、チェンジアップは発展途上と評されたロッカーに対し、伸びしろのあるハードカーブ、スライダーと発展途上のチェンジアップと評されるのがハンキンスだ。一足先にプロ入りしたハンキンスがどんな成績をマイナーで収めるのか、ロッカーが大学でどれくらいバリューを高められるのかに注目したい。

 

1 2

コメントを残す