タイラー・スカッグスに捧ぐノーヒット・ノーラン

             現地時間7月12日、ロサンゼルス・エンゼルスの選手達は、タイラー・スカッグスの背番号だった45とSKAGGSが記されたユニフォームをま More »

2019年MLBオールスター

               今年のオールスターは節目となる90回目だ。7月9日にクリーブランド・インディアンスの本拠地であるプログレッシブ・フィール More »

19奪三振ノーノーを達成したクマー・ロッカーがカレッジ・ワールドシリーズ最優秀選手に輝いた2019年シーズンについて

             先日、バンダービルト大学がミシガン大学を8-2で下し、2014年以来となるカレッジ・ワールドシリーズ(CWS)制覇を果たした。そこで最 More »

エイドリアン・ベルトレの21年間の軌跡を振り返る

             2018年、1998年から21年間メジャーでプレーしたテキサス・レンジャーズのエイドリアン・ベルトレ(3B)が引退した。  最後のシー More »

1904年以来となるシリーズ5死球を記録したデレク・ディートリック

               シンシナティ・レッズ所属のデレク・ディートリック(2B)がメジャー新記録を樹立した。というのも、対ブリュワーズのシリーズ More »

 

エイドリアン・ベルトレの21年間の軌跡を振り返る

Adrian Beltre

 

 

 

 

 

 

 2018年、1998年から21年間メジャーでプレーしたテキサス・レンジャーズのエイドリアン・ベルトレ(3B)が引退した。

 最後のシーズンとなった2018年は、自身19度目の100試合出場となる119試合に出場し、15本塁打を放つなどレギュラーとして出場。キャリアの初めから終わりまでチームの中心として活躍する実力をもち、一方でチームメートのエルビス・アンドラス(SS)との絡みなど、笑いも提供してきたメジャーを代表する選手が引退を決意した。今回は、エイドリアン・ベルトレのキャリアを振り返っていく。6月24日は、彼がメジャーデビューを果たした日である。

 

メジャーデビューまで

 エイドリアン・ベルトレは1979年4月7日にドミニカ共和国の首都サントドミンゴに生まれ、リセオ・マキシモ・ゴメス高校を卒業した後、1994年にドジャースと契約した。マイナーでは1996年シーズンからデビュー。いきなりAとA+で131試合に出場し26本塁打を放つなど結果を残す。翌年もA+で123試合に出場し、26本塁打、打率も.317と結果を残し、1998年AAで64試合に出場し13本塁打、打率.321、OPS.992と好成績を残した後、当時ドジャースのサードだったボビー・ボニーヤが故障し、まだメジャー昇格は早いという声もあったものの、当時のドジャースGM代行だったトミー・ラソーダの意向でメジャー昇格を果たし、1998年6月24日にメジャーデビューした。その試合で放った初ヒットが以下である。

 

ドジャース時代

 メジャー1年目は77試合に出場し、7本塁打、打率.215、OPS.648という成績に終わった。しかし、翌年は15本塁打、打率.275、OPS.780と大ブレイクとまではいかないものの、ドジャースのサードのレギュラーを掴んだ。

Season Team G HR AVG OBP SLG OPS wRC+ BB% K%
1998 Dodgers 77 7 .215 .278 .369 .648 75 6.5% 17.3%
1999 Dodgers 152 15 .275 .352 .428 .780 100 9.9% 17.1%
2000 Dodgers 138 20 .290 .360 .475 .835 116 9.7% 13.9%
2001 Dodgers 126 13 .265 .310 .411 .720 90 5.4% 15.9%
2002 Dodgers 159 21 .257 .303 .426 .729 94 5.8% 15.1%
2003 Dodgers 158 23 .240 .290 .424 .714 86 6.1% 16.9%
2004 Dodgers 156 48 .334 .388 .629 1.017 161 8.1% 13.2%

 守備面では、デビューから早々にエラー数を減らし、2003年にDRS+25を記録するなどサード守備の名手としてのベルトレは出来上がっていた。そして、オフにFAを迎える2004年、ベルトレにとってキャリア最高の年となる。シーズン開幕直後の4月6日に当時史上36人目となる25歳以下での100号本塁打を達成したのを皮切りに、リーグ1位となる48本塁打、リーグ4位の打率.334、リーグ5位のOPS1.017を記録する等大ブレイクした。そして、オフにマリナーズと5年6400万ドルで契約する。

Season Team Pos Inn DRS RngR ErrR UZR
2002 Dodgers 3B 1372.0 0 23.7 -1 21.7
2003 Dodgers 3B 1346.0 25 19.2 0.4 20.6
2004 Dodgers 3B 1340.1 22 17.0 7.6 25.9

 

マリナーズ時代

 移籍1年目となった2005年は19本塁打、OPS.716に終わり、守備でも前年のDRS+22から+8に下がるなど攻守で期待に応える活躍はできなかった。

Season Team G HR AVG OBP SLG OPS wRC+ BB% K%
2005 Mariners 156 19 .255 .303 .413 .716 90 5.8% 16.6%
2006 Mariners 156 25 .268 .328 .465 .792 106 6.9% 17.3%
2007 Mariners 149 26 .276 .319 .482 .802 110 5.9% 16.3%
2008 Mariners 143 25 .266 .327 .457 .784 106 8.2% 14.7%
2009 Mariners 111 8 .265 .304 .379 .683 81 4.0% 15.5%

 マリナーズ時代のベルトレは、2007年5月に負傷し、左手親指の靭帯が切れた状態で出場を続け、2008年オフまで手術をしなかった。左手の故障を治して迎えたマリナーズとの契約最終年となる2009年は、メジャー2年目の1999年以降初めて規定打席に届かず、DRS+20と攻守は相変わらずだったものの、8本塁打、OPS.683とキャリア最低クラスのシーズンに終わった。オフにFAとなり、当時30歳と本来ならば大型契約を得られたはずだが、2009年の成績があまりにも悪かったためそれが難しく、代理人のスコット・ボラスは、1年契約を結んで好成績を残した後に大型契約を勝ち取る策を考え、その結果、レッドソックスと1年900万ドルで契約した。

Season Team Pos Inn DRS RngR ErrR UZR
2005 Mariners 3B 1325.2 8 7.7 1.9 8.9
2006 Mariners 3B 1358.0 19 16.6 1.7 18.5
2007 Mariners 3B 1279.1 4 -1.9 0.8 -1.1
2008 Mariners 3B 1208.1 27 10.2 0.8 11.7
2009 Mariners 3B 988.1 20 13.7 -1 13.9

 

レッドソックス時代

 そして臨んだ2010年は、28本塁打、打率.321、OPS.919と2004年に次ぐ好成績を残し、守備でもDRS+20と好守を見せた。そして、この年、球団初のリーグ優勝を果たし、初のワールドチャンピオンにあと1歩届かなかったレンジャーズとオプション含め最大6年9600万ドルという大型契約を結んだ。

Season Team G HR AVG OBP SLG OPS wRC+ BB% K%
2010 Red Sox 154 28 .321 .365 .553 .919 140 6.2% 12.8%
Season Team Pos Inn DRS RngR ErrR UZR
2010 Red Sox 3B 1342.2 20 9.5 0.1 10.4

 

1 2

コメントを残す