2019 ALCS Review:NYY vs HOU

               2019年のALCSは、ミネソタ・ツインズをスウィープで下したニューヨーク・ヤンキースと、第5戦でタンパベイ・レイズを下 More »

2019 NLCS Review : STL vs WSH

              ナリーグ中部地区を制したセントルイス・カージナルスとワイルドカードから勝ち上がってきたワシントン・ナショナルズの組み合わせ More »

2019 NLDS Review : ATL vs STL

                今年も遂にプレーオフのシーズンに突入した。今回はブレーブス対カージナルスが激突したナ・リーグの地区シリーズの More »

2019 NLDS Review : WSH VS LAD

            ナショナルズが通算成績3勝2敗でドジャースを下し、ナショナルリーグ優勝決定シリーズへ駒を進めた。   Game 1 WSH 0 More »

2019 ALWC Review:TB vs OAK

             総年俸の低い球団対決として注目されたこの試合はレイズが勝利した。 TB 5 – 1 OAK    レイズの先発は More »

 

トレードデッドラインが間近に迫る中、一足早く動き出したGM達。

Eric Sogard

 

 

 

 

 

 

 ミネソタ・ツインズは、ここ2週間程、トレードを控えた行動を行っていた。

 この間、40人枠から外した投手は5人である。マット・マギル(RHP)をマリナーズに、マイク・モリン(RHP)をフィリーズに、そしてアダルベルト・メヒア(LHP)をエンゼルスに、それぞれ放出。ベテランのカルロス・トーレス(RHP)とブレイク・パーカー(RHP)はDFAで外した。代わりに、ジョナサン・チェシャー(RHP)とコディ・スタシャク(RHP)とメジャー契約を結び、スタシャクはメジャーデビューを果たした。これに、トレードで獲得したセルジオ・ロモ(RHP)を加えた計3人の投手が新たに40人枠入りを果たした。

 

 ジェレミー・ブライヒ(LHP)は32歳のベテランリリーバー。昨年アスレチックスでメジャーデビューを果たしている。

 

  ロモの今季のサラリーは$2.5Mとなっている。38試合に登板し、37.2回,K/9=7.88,BB/9=3.11,防御率3.58,17セーブを記録している。再建中のマーリンズを支え、PO進出を目指すチーム入りを果たすことが出来た。テイラー・ロジャース(LHP)等一部のリリーバーによって支えられている状態だったため、今回のトレードにより接戦が続いた際の選択肢をより柔軟にすることだろう。

 クリス・バリモント(RHP)は2018年ドラフト組のスターター。今季はA,A+で19試合に先発し、105.1回,K/9=10.42,BB/9=3.16,防御率3.16を記録している。レウィン・ディアス(1B)は22歳のドミニカン。今季はA+,AAで340打数19本塁打.294/.336/.553を記録している。

 マーリンズとしては、最初から来年度の構想に入っていないリリーバーを放出することが出来、ツインズは強打の野手は不足していないため、最低限の対価でトレードが出来たのではないだろうか。とはいえ、ツインズは更に1人、後日指名交換選手を獲得することが出来る。その選手次第でトレードの評価は変わりそうだ。

 

 ブライアン・ナバレト(C)は24歳の捕手。ナバレトは守備力が売りの控え捕手タイプ。

 

 次ページではタンパベイ・レイズを取り上げている。

 

1 2 3

コメントを残す