後半戦展望:セントルイス・カージナルス

               現在、ナショナルリーグ中地区の首位はセントルイス・カーディナルスだ。この地区は、得失点差マイナスのミルウォーキー・ブリュ More »

後半戦展望:ミネソタ・ツインズ

             シーズンの大半を首位で過ごし続けたツインズ。トレード戦線ではリリーフ投手を中心に補強を展開した。マイアミ・マーリンズからセルジオ・ロモ More »

後半戦展望:ワシントン・ナショナルズ

             ブライス・ハーパー(RF)の流出から開幕したナショナルズ の2019年シーズン。序盤戦は低空飛行で一時期借金は二桁まで膨らんだ。しかし More »

2019年 Draft Review:トロント・ブルージェイズ

            今シーズンも終盤戦を迎え、地区優勝、ワイルドカード争いが激化している。19年シーズンも6月にドラフトを終え、各指名選手がマイナーでデビュ More »

2019年 Draft Review:ピッツバーグ・パイレーツ

              今シーズンも終盤戦を迎え、地区優勝、ワイルドカード争いが激化している。19年シーズンも6月にドラフトを終え、各指名選手がマ More »

 

トレードデッドラインが間近に迫る中、一足早く動き出したGM達。

Eric Sogard

 

 

 

 

 

 

 ミネソタ・ツインズは、ここ2週間程、トレードを控えた行動を行っていた。

 この間、40人枠から外した投手は5人である。マット・マギル(RHP)をマリナーズに、マイク・モリン(RHP)をフィリーズに、そしてアダルベルト・メヒア(LHP)をエンゼルスに、それぞれ放出。ベテランのカルロス・トーレス(RHP)とブレイク・パーカー(RHP)はDFAで外した。代わりに、ジョナサン・チェシャー(RHP)とコディ・スタシャク(RHP)とメジャー契約を結び、スタシャクはメジャーデビューを果たした。これに、トレードで獲得したセルジオ・ロモ(RHP)を加えた計3人の投手が新たに40人枠入りを果たした。

 

 ジェレミー・ブライヒ(LHP)は32歳のベテランリリーバー。昨年アスレチックスでメジャーデビューを果たしている。

 

  ロモの今季のサラリーは$2.5Mとなっている。38試合に登板し、37.2回,K/9=7.88,BB/9=3.11,防御率3.58,17セーブを記録している。再建中のマーリンズを支え、PO進出を目指すチーム入りを果たすことが出来た。テイラー・ロジャース(LHP)等一部のリリーバーによって支えられている状態だったため、今回のトレードにより接戦が続いた際の選択肢をより柔軟にすることだろう。

 クリス・バリモント(RHP)は2018年ドラフト組のスターター。今季はA,A+で19試合に先発し、105.1回,K/9=10.42,BB/9=3.16,防御率3.16を記録している。レウィン・ディアス(1B)は22歳のドミニカン。今季はA+,AAで340打数19本塁打.294/.336/.553を記録している。

 マーリンズとしては、最初から来年度の構想に入っていないリリーバーを放出することが出来、ツインズは強打の野手は不足していないため、最低限の対価でトレードが出来たのではないだろうか。とはいえ、ツインズは更に1人、後日指名交換選手を獲得することが出来る。その選手次第でトレードの評価は変わりそうだ。

 

 ブライアン・ナバレト(C)は24歳の捕手。ナバレトは守備力が売りの控え捕手タイプ。

 

 次ページではタンパベイ・レイズを取り上げている。

 

1 2 3

コメントを残す