2019 NLDS Review : WSH VS LAD

            ナショナルズが通算成績3勝2敗でドジャースを下し、ナショナルリーグ優勝決定シリーズへ駒を進めた。   Game 1 WSH 0 More »

2019 ALWC Review:TB vs OAK

             総年俸の低い球団対決として注目されたこの試合はレイズが勝利した。 TB 5 – 1 OAK    レイズの先発は More »

2019 NLWC Review:MIL vs WSH

             2019年のポストシーズン開幕戦として現地時間10月1日にワシトン・ナショナルズとミルウォーキー・ブルワーズがワシントンD.Cで対戦し More »

後半戦展望:テキサス・レンジャーズ

             シーズン開幕前は昨シーズンの最下位から大きな補強もなく、今シーズンも苦戦が予想されていた。しかしながら、ここまでオールスター前は48勝 More »

夢へのスタート地点が人によって違うということ―ジミー・ガバーンとCJ エイブラムスの場合―

             アイダホ・フォールズ・チューカーズ(KC傘下)にジミー・ガーバン(2B)という選手が所属している。1996年11月11日生まれの22歳 More »

 

トレードデッドラインが間近に迫る中、一足早く動き出したGM達。

Eric Sogard

 

 

 

 

 

 

 タンパベイ・レイズは、WCでPO進出を目指せる立場にいる。同地区レッドソックスや西地区のアスレチックスが障壁となっている。

 3件のトレードを行った。本命であるエリック・ソガード(2B)を獲得するために、ハンター・ウッド(RHP)等をインディアンスに放出して40人枠に余裕を持たせた。後半戦に向けた準備は整ったのか、TDLで動くのか。

 

 ウッド(RHP)とクリスチャン・アローヨ(3B)を放出。ジャイアンツがアローヨを放出した時は誰もが勿体ないと感じたが、期待に応える成績を残すことは出来なかった。ウッドは、ブルペンで重要な立ち位置を占めていたわけではないものの、今季も良好な成績を収めていた。しかし、エリック・ソガード(2B)を40人枠入りさせるために放出となった。

 ルーベン・カルデナス(RF)は2018年ドラフト組の21歳。40人枠入りしている2選手を放出し、若いマイナーリーガーとINFAのための資金を獲得。

 

 ソガード(2B)と言えば、強打のイメージはあまりない。(通算OPS.657)しかし、今季は287打数10本塁打.300/.363/.477と好成績を収めており、故障者の続出したレイズのニーズにマッチした。ソガードは、内野手を一通り守れる上、外野手としても起用可能であるため、故障者復帰後もスタメンとして起用し続けることが可能だ。対価は後日指名交換選手2人となっている。

 

 イアン・ジバウト(RHP)は今季メジャーデビューの25歳。今季は主にAAAで11試合に登板し、10.1回,K/9=13.94,BB/9=8.71,防御率3.48を記録している。

 

 次ページはニューヨーク・メッツについて。

 

1 2 3

コメントを残す