2019 NLDS Review : WSH VS LAD

            ナショナルズが通算成績3勝2敗でドジャースを下し、ナショナルリーグ優勝決定シリーズへ駒を進めた。   Game 1 WSH 0 More »

2019 ALWC Review:TB vs OAK

             総年俸の低い球団対決として注目されたこの試合はレイズが勝利した。 TB 5 – 1 OAK    レイズの先発は More »

2019 NLWC Review:MIL vs WSH

             2019年のポストシーズン開幕戦として現地時間10月1日にワシトン・ナショナルズとミルウォーキー・ブルワーズがワシントンD.Cで対戦し More »

後半戦展望:テキサス・レンジャーズ

             シーズン開幕前は昨シーズンの最下位から大きな補強もなく、今シーズンも苦戦が予想されていた。しかしながら、ここまでオールスター前は48勝 More »

夢へのスタート地点が人によって違うということ―ジミー・ガバーンとCJ エイブラムスの場合―

             アイダホ・フォールズ・チューカーズ(KC傘下)にジミー・ガーバン(2B)という選手が所属している。1996年11月11日生まれの22歳 More »

 

後半戦展望:ミネソタ・ツインズ

33677358598_c735df831c_z

 

 

 

 

 

 

 シーズンの大半を首位で過ごし続けたツインズ。トレード戦線ではリリーフ投手を中心に補強を展開した。マイアミ・マーリンズからセルジオ・ロモ(RHP)とサンフランシスコジャイアンツからサム・ダイソン(RHP)を獲得した。ツインズはブルペンに若干の不安を残していて特にクローザーはシーズン前に補強したブレイク・パーカ(RHP)期待外れに終わったこともあり、的確な補強と言えるのではないか。

 ブルペンは4年目のテイラー・ロジャーズ(LHP)、トレバー・メイ(RHP)、タイラー・ダフィー(RHP)、無名の新人ライン・ハーパー(RHP)が充実のシーズンを送っていて、獲得した両投手もプレーオフ経験があり厚みは増した。しかしダイソンは加入早々プレーオフとは無縁のマーリンズ相手に打ち込まれ、直後にIL入りと不安な船出。10月の戦いを考慮するとブルペンの怪我人続出はなんとしてでも避けたいところだ。

 ツインズは今回のトレードはブルペンがメインで先発投手や野手の目立った補強には動かなかった。野手は歴史的ハイペースでホームランを量産していて特に生え抜きの若手マックス・ケプラー(RF)、ホルヘ・ポランコ(SS)等と新加入組のネルソン・クルーズ(DH)、CJ・クロン等が見事にマッチしている。先発投手はホセ・ベリオス(RHP)とジェイク・オドリッジ(RHP)を中心に奮闘している。

 地区優勝さらにその先のプレーオフを勝ち抜くためにツインズはブルペン投手2人を獲得したが、先発陣の層の薄さは否めない。もちろん若く才能に溢れた選手がメジャーにもマイナーにも多くいるので長期的な視野を持ってでの補強は理解できる。だがマディソン・バムガーナーなどのエース級(LHP)は無理でもマーカス・ストローマン(RHP)やザック・ウィーラー(RHP)などの先発2〜3番手クラスの投手ならツインズのファーム組織を考慮しても獲得は不可能ではなかったはずだ。

 地区優勝筆頭候補ではあるがプレーオフではアストロズやヤンキースなどの重量級打線は避けて通れない。課題も散見する

1 層が薄いだけに先発投手がどれだけ試合を作れるか

2 また今季のツインズのオフェンスは長打力はあるが機動力が全くと言っていいほど使わないのもネックなところ。

3 そして最大の懸念はやはり選手のコンディションであろう。本来中心となって活躍してなければならないミゲル・サノー(3B)やバイロン・バクストン(CF)は怪我が多く、ネルソン・クルーズ(DH)も年齢を考えるといつ成績が落ちても不思議ではない。

 これらのいくつかのハードルを乗り越えた先に28年振りのワールドチャンピオンが待っている。

 

※9月3日に執筆された記事です。

 

Text by Eiji Kato

Photo link https://flic.kr/p/TiXgpL


コメントを残す