2019 NLDS Review : WSH VS LAD

            ナショナルズが通算成績3勝2敗でドジャースを下し、ナショナルリーグ優勝決定シリーズへ駒を進めた。   Game 1 WSH 0 More »

2019 ALWC Review:TB vs OAK

             総年俸の低い球団対決として注目されたこの試合はレイズが勝利した。 TB 5 – 1 OAK    レイズの先発は More »

2019 NLWC Review:MIL vs WSH

             2019年のポストシーズン開幕戦として現地時間10月1日にワシトン・ナショナルズとミルウォーキー・ブルワーズがワシントンD.Cで対戦し More »

後半戦展望:テキサス・レンジャーズ

             シーズン開幕前は昨シーズンの最下位から大きな補強もなく、今シーズンも苦戦が予想されていた。しかしながら、ここまでオールスター前は48勝 More »

夢へのスタート地点が人によって違うということ―ジミー・ガバーンとCJ エイブラムスの場合―

             アイダホ・フォールズ・チューカーズ(KC傘下)にジミー・ガーバン(2B)という選手が所属している。1996年11月11日生まれの22歳 More »

 

夢へのスタート地点が人によって違うということ―ジミー・ガバーンとCJ エイブラムスの場合―

46553767585_fd3b71ede5_c

 

 

 

 

 

 

 アイダホ・フォールズ・チューカーズ(KC傘下)にジミー・ガーバン(2B)という選手が所属している。1996年11月11日生まれの22歳だ。イースタン・イリノイ大学で4年間プレー。19年のドラフトでロイヤルズから30巡目で指名を受けてプロ入りを果たした。

 カレッジ時代は、ソフモアからレギュラーに定着。NCAAⅠのOVCで3年連続打率.320OPS.940以上をマーク。17年にはカンファレンスのASに二塁手として選出されている。18年には登竜門であるケープコッドリーグでプレー。但し、OPS.596に終わっている。

 AZリーグでプロのキャリアをスタートさせたガーバンは、.365/.492/.628という好成績を収めた。打率はリーグ3位、OPSはリーグ1位だった。リーグ2位はパドレスが19年のドラフトで全体6位指名をしたCJ エイブラムス(SS)である。18歳にしてAZリーグで好成績を収めたエイブラムスは、$5.2Mという高額な契約金でプロ入りを果たしている。一方、カレッジでシニアまでプレーしたガーバンの契約金は$5Kである。

 将来、どちらの方がメジャー昇格の可能性が高いのかと言えば、それは無論エイブラムスである。しかし、ガバーンがエイブラムスの一足先にメジャー昇格を果たし、ソリッドなコンタクトを武器にIFの層を厚くしている未来も充分にあり得るだろう。

 

 近年、ドラフト20巡目以降に指名されてプロ入りを果たした主な現役野手。

https://flic.kr/p/2geMiRY

 ロベルト・ペレス(C)08年ドラフト33巡目(全体1011位)CLE

 マット・アダムス(1B)09年ドラフト23巡目(全体699位)STL(現WSH)

 J.D. マルティネス(LF)09年ドラフト20巡目(全体611位)HOU(現BOS)

 尚、3人共06年のドラフトでも指名を受けており、アダムスとマルティネスはジュニアで、ペレスは短大卒業年にプロ入りを果たしている。

 

 近年、同条件に加えてシニアでプロ入りを果たした主な現役野手。

https://flic.kr/p/2geMiRY

 ケビン・ピラー(CF)11年ドラフト32巡目(全体979位)TOR(現SF)

 タイラー・ホワイト(1B)13年ドラフト33巡目(全体977位)HOU(現LAD)

 ルーク・ボイト(1B)13年ドラフト22巡目(全体665位)STL(現NYY)

 ホワイトとボイトはマイナーでじっくりと育成されてから昇格を果たし、その後トレード先で活躍している。ピラーは足早に昇格を重ねてブルージェイズのスタープレイヤーの1人となったが、トレードでジャイアンツに移籍した。ここに、17年のドラフトでアストロズから26巡目で指名されたジョシュ・ロハス(現ARI)が加わる日も近い。

 

 現在、ロイヤルズは再建期の真っ只中にいる。10年間チームを率いてきたネッド・ヨースト監督の引退が決まっており、新監督は誰になるのかに注目が集まっている。20年ドラフトでは全体4位以上の指名権を得られる見込みだ。尚、アメリカンリーグ中地区の最下位はタイガースだ。先日、20年ドラフト全体1位指名権を得たばかりである。(18年ドラフトも全体1位指名権があり、ケイシー・マイズを指名している)

 次ページでは、カレッジシニアを例にマイナーリーグの待遇格差について述べている。

 

1 2

コメントを残す