2019 NLDS Review : WSH VS LAD

            ナショナルズが通算成績3勝2敗でドジャースを下し、ナショナルリーグ優勝決定シリーズへ駒を進めた。   Game 1 WSH 0 More »

2019 ALWC Review:TB vs OAK

             総年俸の低い球団対決として注目されたこの試合はレイズが勝利した。 TB 5 – 1 OAK    レイズの先発は More »

2019 NLWC Review:MIL vs WSH

             2019年のポストシーズン開幕戦として現地時間10月1日にワシトン・ナショナルズとミルウォーキー・ブルワーズがワシントンD.Cで対戦し More »

後半戦展望:テキサス・レンジャーズ

             シーズン開幕前は昨シーズンの最下位から大きな補強もなく、今シーズンも苦戦が予想されていた。しかしながら、ここまでオールスター前は48勝 More »

夢へのスタート地点が人によって違うということ―ジミー・ガバーンとCJ エイブラムスの場合―

             アイダホ・フォールズ・チューカーズ(KC傘下)にジミー・ガーバン(2B)という選手が所属している。1996年11月11日生まれの22歳 More »

 

後半戦展望:テキサス・レンジャーズ

レンジャーズ 現地観戦記_190928_0005

 

 

 

 

 

 レンジャーズ現地観戦記

 8月13日からのロジャースセンターでのTORとの3試合と17日からのグローブライフパークインアーリントンでのMINとの3試合、LAAとの1試合を観戦してきた。

 まずロジャースセンターはトロント最大の駅であるユニオン駅のすぐ近くにあり、トロントの中心街からすぐ近くにある。球場の周りにはトロントのシンボルであるCNタワーや水族館、鉄道公園など観光地もあり特に休日は賑わっていた。

 球場内は今季ブルージェイズが低迷してることもあり、平日は空いており当日券で外野の最前列で座ることができた。しかしながら休日は2階席などはかなり埋まっており、球場の熱気もかなりあった。そして試合が始まると一番印象深かったのは、ホセ・バティスタとの乱闘があったオドーアへのブーイングである。毎打席ブーイングはされており、小学生くらいの子供たちまでもブーイングを飛ばしていた。

 球場の内部はスタンドこそやや年季が入っていたが、コンコースやグッズショップは綺麗で、ユニフォーム等グッズの種類も豊富であった。実際に座った席で外野のややセンター寄りの席はブルペンでの投球や、試合中のリリーフ投手達の様子などを間近で見ることができ、イニング間や大差がついた試合でも常に楽しむことができる非常に良い席であった。

 レンジャーズファンの観客は、韓国国旗を持った秋信守ファンと思われる方々など僅かながら見られた。またトロントの街ではブルージェイズのユニフォームやTシャツを着たり帽子を被った人が多く歩いており、非常に地元での人気が高いことが伺えた。

 

 

1 2 3 4

コメントを残す