2019 World Series Review : Game7

              勝った方がワールドチャンピョンとなる運命のGame7。歓喜の瞬間を目の当たりにしようと球場には43,000を越えるファンが More »

2019 World Series Review : Game6

              お互いにロードでのゲームを取り合い、アストロズが3勝と王手を掛けて臨んだGame6。この試合では追い込まれたナショナルズが More »

2019 World Series Review:WSH vs HOU Game1~5

             球団史上初となるワールドシリーズ制覇に向けて勢い充分なワシントン・ナショナルズと、2010年代最強球団と言っても何ら差し支えないヒュー More »

2019 ALCS Review:NYY vs HOU

               2019年のALCSは、ミネソタ・ツインズをスウィープで下したニューヨーク・ヤンキースと、第5戦でタンパベイ・レイズを下 More »

2019 NLCS Review : STL vs WSH

              ナリーグ中部地区を制したセントルイス・カージナルスとワイルドカードから勝ち上がってきたワシントン・ナショナルズの組み合わせ More »

 

2019 NLCS Review : STL vs WSH

8621154016_614c53ba27_c

 

 

 

 

 

 

 

リーグ中部地区を制したセントルイス・カージナルスとワイルドカードから勝ち上がってきたワシントン・ナショナルズの組み合わせとなった今年のNLCS。勢いに乗る両チームの対戦はスウィープという一方的な展開で幕を閉じた。今回は「不安要素」という観点からこのシリーズを振り返る。

 

「ナショナルズの不安要素」

レギュラーシーズンの期間中ナショナルズの不安要素は常にブルペンだった。リリーフ防御率はメジャーワースト2位の5.68と非常に悪く、ブルペンで試合を落とすことも多かった。そのためナショナルズはポストシーズンに入ってからは強力な4枚の先発陣をリリーフ起用するなど信頼できる投手のみを繋いでの継投で勝ち上がってきた。そしてリリーフ防御率メジャー5位の3.88を誇るカージナルスとの対戦となった今シリーズ。ナショナルズは絶対にブルペン勝負に持ち込ませたくなかったはずだ。そんなナショナルズにとって「先発投手が長いイニングを投げること」、「先取点を取り、試合を有利に展開すること」、この2つを達成出来たことがNLCSの何よりの勝因だろう。ここからはこの観点から1試合単位で振り返る。

 まずはGame1。先発のアニバル・サンチェスが8回途中までノーヒットピッチングと完璧なピッチングを見せ、打線も2回に先取点を奪うなど理想的な展開で勝利を収めた。続くGame2でも先発のマックス・シャーザーが7回を1安打投球、打線も3回と早い段階でリードを奪った。

ホームに移ったナショナルズの勢いは加速し、Game3では打線が奮起。5回までに6得点とカージナルス先発のジャック・フラハティを攻略した。先発のスティーブン・ストラスバーグも7回を1失点に抑えるなどカージナルスに付け入る隙を与えなかった。Game4でも打線の勢いは止まらず、初回に6本のヒットを集め、7得点。先発のパトリック・コービンは5回4失点と本調子ではなかったが、初回のリードをブルペンが守り抜いた。

このようにナショナルズは全ての試合で先取点を奪ったことでビハインドの展開を一度も作らず、先発投手がGame4を除いて最低7回は投げ抜くなど、ブルペンに勝敗をゆだねるような展開には終始持ち込ませなかった。そして不安要素のはずだったリリーフもこのシリーズでは9イニングを投げ、打たれたヒットはわずか3本、1失点のみと完璧な内容で先発投手の活躍に応えた。このシリーズをスウィープで終わらせたナショナルズは先発投手陣を休息させることができ、更にリリーフも調子が上向くなど完璧な仕上がりでワールドシリーズを迎えることが出来そうだ。

 

1 2

コメントを残す