開幕延期した時間を使うには野球ファンはどうすれば良いのか

              Florida College Summer League 公式HP:http://floridaleague.com/v More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 10-1

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 20-11

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 30-21

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 40-31

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

 

2019 World Series Review : Game7

4494888303_c61e560d78_c

 

 

 

 

 

 

 

った方がワールドチャンピョンとなる運命のGame7。歓喜の瞬間を目の当たりにしようと球場には43,000を越えるファンが集まった。この試合の先発はアストロズがこのポストシーズンで勝利のないザック・グレインキー、ナショナルズは首の痛みからGame5での登板を回避していたマックス・シャーザーが登板した。

ハイレベルな投手戦が予想されたGame7はアストロズペースで進んでいく。2回にユリ・グリエルが低めのスライダーをレフトスタンドまで運び、アストロズが1点を先制すると、5回にも2アウト1,2塁のチャンスからカルロス・コレアが曲がりの甘いスライダーを捉えるタイムリーヒットを放ち、2点のリードを奪った。先発のグレインキーもナショナルズ打線を6回まで1ヒットに抑える完璧なピッチングを見せていた。

 

しかし、7回アンソニー・レンドーンが均衡を破る1発を放つと、続くフアン・ソトに四球を出したところでアストロズのヒンチ監督が動いた。レンドーンへの1発以外ほとんど完璧に抑えていたグレインキーを降ろし、ポストシーズン大車輪の活躍を見せていたウィル・ハリスを登板させた。しかし変わったハリスの投じた2球目をハウィ・ケンドリックが捉え、打球はライトポールに直撃し、逆転の2ランホームランとなった。ここまで数々の重要な局面で結果を残してきたケンドリックがGame7でも大きな一打を放った。

1 2

コメントを残す