開幕延期した時間を使うには野球ファンはどうすれば良いのか

              Florida College Summer League 公式HP:http://floridaleague.com/v More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 10-1

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 20-11

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 30-21

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 40-31

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

 

Big Stake For Freshman. 第3回「MLB Money -Part 1-」

金

 

 

 

 

 

 

 

  • あなたは何人正解しましたか?

A選手→ダルビッシュ有投手(TEX・2012年から)

B選手→イチロー外野手(SEA在籍時・2007年から)

C選手→アレックス・ロドリゲス内野手(TEX在籍時の2000年とNYY在籍時の2007年から)

D選手→アルバート・プホルス内野手(LAA・2012年から)

 

 正解です! よく分かりましたね! 他の皆さんはどうでしたか? ちなみに私が元から知ってたのはイチローの契約と、A-RODのNYY時代の契約だけでした。全問正解した人はかなりマニアックですね!

 しかし何れの契約も、能力と価値のある選手には大金が払われるということを如実に表している例だと思います。

 現在のMLB選手への最低賃金は年間48万ドル(約3822万円)です。当然、マイナーリーガーにはこれより遥かに低い年俸しか与えられません。現横浜のアレックス・ラミレス外野手や、今年現役を引退した田口壮外野手ら、マイナーとメジャー、それから日本を経験している選手は口を揃えて言います。「過酷な環境だった」と。ラミレスは「給料が安いから5~6人の選手で共同でアパートを借り、ファーストフードなどで食事をとって暮らした」などのコメントを残しており、それがマイナー生活の大変さを滲ませています。

 そういった過酷な現状を耐えて力を磨き、選ばれたものだけがメジャーリーグという”大きなステーキ”にありつくことができるのです。マイナーリーグの俗称である”Hamburger League”と、メジャーリーグの俗称である”Stake League”は、そのまんま、選手の賃金で食べられるものに由来しています。(ちなみに当コラムのタイトルはこの俗称から引用させていただきました。)

 このメジャー契約をする選手は40人。所謂「40人ロースター」と言われる枠です。この40人を更に絞ったのが「25人ロースター」で、この25人がMLBの試合に出場することができます。(枠一杯の40人全員が出場できるようになるのは9月1日以降、所謂「セプテンバー・コールアップ」以後の話になります。)つまり、メジャー契約を結ぶ選手が40人いるわけですから、最低でも【48万ドル×40人】の【1920万ドル】が選手の賃金として支払われるわけです。

 この時点でも、相当な金額ですが……さすがMLB。これが最低ラインなんですね。

 ……待てよ? と金満思想の著者はここで考えてみます。「例えばNYYは2.16億ドルもの金を投じてチームの力をつけている。もし今僕がここで5億ドルぐらい持って行ってSEAの資金に充てれば、かなりすげーチームが出来上がるんじゃないか……?」と(ここではシアトルマリナーズを例に使おうと思います)。

 では、早速今年のFA選手で補強してみましょう。

1 2 3 4 5 6

3 Responses to Big Stake For Freshman. 第3回「MLB Money -Part 1-」

  1. MLB入門コラム第3回。今回はMLBのお金事情についてです。
    http://t.co/Vqjae0yN

  2. Yodakey より:

    こんにちは。
    いつも楽しく拝見しております。
    贅沢税なのですが、記事では契約額全体に掛かるように書かれておりますが、実際は年毎に規定される基準額を超えた金額に対して課税されます。

    • Yohei Tsukui より:

      コメントありがとうございます。この記事を読んでくださっている方からご感想並びにご意見をいただくことができたこと、誠に嬉しく思っております。

      ご指摘の件につきまして、当方失念しておりました。偏に私個人の勉強不足によるものです。次回の記事で修正させていただきますので、お許しいただければ幸いです。

      今後とも「Big Stake For Freshman」をよろしくお願い致します。

コメントを残す