開幕延期した時間を使うには野球ファンはどうすれば良いのか

              Florida College Summer League 公式HP:http://floridaleague.com/v More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 10-1

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 20-11

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 30-21

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 40-31

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

 

Big Stake For Freshman. 第3回「MLB Money -Part 1-」

金

 

 

 

 

 

 

 

  • 不良債権になるのは未来の話

 僕は今、わざわざかなり嫌な言い方をしました。「不良債権を作るに行く」。これではまるですすんで使えない選手を獲りに行こうとしているかのようですね。でも、そうではないことは明らかです。契約を結ぶ時、彼らはその時点では間違いなく優秀な選手であるのです。フィルダーはDET入団前5年連続で30本塁打以上を記録しています。プホルスは「MLBで最も危険な打者」として認定されていました。どれぐらい”危険”だったか? ルーキーから9年連続で3割以上の打率を残し、11年連続で30本以上の本塁打を……そのうち7回も40本以上の本塁打を記録していると言えば充分でしょうか? アレックス・ロドリゲスは、契約更新前に54本の本塁打を放ち、156の打点を叩きだしました。ボットのここ4年間の出塁率が4割を切ったことはありません。

 彼らは明らかに魅力的だったのです。否定できないほどに。10年契約のうち3年程度が不良債権になろうとも、全く惜しくないほどに……。

 そうです。MLBの各球団は、獲得した選手が不良債権と化すことを百も承知で、選手の代理人の要求する以上の高い条件を提示するのです。彼らは今、間違いなくスタープレーヤーなのです。それだけでその他の危険性はどうでもいいものになります。

 既に選手達の価値というのは膨らみきってしまっているという点も、この巨大契約の原因とも言えるでしょう。もはや、契約の天井は手の届かない、はるか高いところまであがってしまいました。ほとんど青天井です。一流選手を獲るためには巨額の年俸以外に、契約年数、トレードを拒否する権利、スタメンに定着させる権利、マイナー落ちしない権利……その他のオプションをたくさんつけなければなりません。代理人は、様々な手法で年俸をつり上げようとします。

 そうなれば……もう歯止めがきくはずもありません。自分の球団が獲得しなければ(余程法外な契約条件ではない限り)他球団が取るでしょう。フィルダーの移籍騒動はかなり遅くまでもつれ込みました。この間にも、恐らく様々な球団の間で駆け引きがあったことでしょう。

 A-RODの成績を見ていても分かるように、この長期巨大契約というシステムは非常にリスキーなものです。TORのバーノン・ウェルズ外野手は、7年総額1億2600万ドルの大型契約を結んだ翌年から成績ががた落ちしました。今ではLAAにトレードで出され、そこでも不要論が出ている有様です。CBSスポーツは「ウェルズを獲得するなら何もしない方がマシだ」と言い切りました。この長期契約を締結したTORのリッチアーディGMは、他にもたくさんの不良債権を作ったことでも知られています。B.J.ライアン投手やライル・オーバーベイ内野手もそのうちに入ります(しかし彼の契約方針は必ずしも間違っていたわけではなく、苛烈なアリーグ東地区で2位にまで浮上したこともありました)。

 SEAのショーン・フィギンズ内野手は有名な日本でも不良債権として知られています。彼に払った3600万ドルと4年間のMLBロースター枠は全くもって無駄になったと言われてもしょうがない扱いでしょう。口の悪い日本のファンは、彼らや……2011年に酷い不振に陥ったアダム・ダン内野手も含めて……「死刑囚」と呼びます。

 さて、その高額な「死刑囚」たちの契約を締結させるにはある人達の活躍が不可欠です。それが、彼らと球団の間を取り持つ代理人という存在なのです……。

 ……が、おっとっと、今日は時間が来てしまいました。というわけで来週の「Big Stake For Freshman」も、「MLB Money」についてのお話になります。来週、とうとうあの悪名高き代理人、○○○○・○○○が登場しますよ! では今日のところはこれでお開きにいたしましょう。See you next time,Good-bye!!

 

P.S.○○○○・○○○に入る文字は何でしょう? 文中から抜き出して答えなさい。(10点・完全解答)

 

Text by Yohei TSUKUI
写真:http://www.flickr.com/photos/68751915@N05/6355220839/

1 2 3 4 5 6

3 Responses to Big Stake For Freshman. 第3回「MLB Money -Part 1-」

  1. MLB入門コラム第3回。今回はMLBのお金事情についてです。
    http://t.co/Vqjae0yN

  2. Yodakey より:

    こんにちは。
    いつも楽しく拝見しております。
    贅沢税なのですが、記事では契約額全体に掛かるように書かれておりますが、実際は年毎に規定される基準額を超えた金額に対して課税されます。

    • Yohei Tsukui より:

      コメントありがとうございます。この記事を読んでくださっている方からご感想並びにご意見をいただくことができたこと、誠に嬉しく思っております。

      ご指摘の件につきまして、当方失念しておりました。偏に私個人の勉強不足によるものです。次回の記事で修正させていただきますので、お許しいただければ幸いです。

      今後とも「Big Stake For Freshman」をよろしくお願い致します。

コメントを残す