THE PORTRAIT:ジョーダニー・バルデスピン

Valdespin

まさしくホセ・レイエスの生き写しとも言うべき存在だ。2012年。彼はレイエスがニューヨークから去った年にメジャーデビューを果たし、そしてレイエスさながらなアスリート性を持ち味にルーキーイヤーを相応な活躍で飾った。それは他ならぬジョーダニー・バルデスピンのことである。

2007年にバルデスピンはメッツ傘下であるドミニカ・サマーリーグのDSLメッツで、ロースターを埋める目的でプレーを行う経験を得る。メッツはこのドミニカンに対し期待値は大きな期待を抱いていた訳では無く、最終的なバルデスピンの内容も.245/.369/.338と平凡なラインであった。しかしプレーを目にしたメッツは26三振/24四球のアプローチと、相応なスピードを兼ね備えたバルデスピンのアスリート性を評価し、彼は2007年にインターナショナルFAとしてメッツと契約を結んだ。当時すでに19歳。ドミニカ共和国出身の素材は16歳前後とかなり若いステージで契約を交わすケースがほとんどな中で、バルデスピンは相対的に高い年齢でのメジャー傘下の組織入りとなった。

以降バルデスピンは主に持ち合わせるアスリート性で評価を高める。ドミニカ・サマーリーグでプレーを行っていた2007年当時はルーキー・リーグで止まる程度の素材であると評された内野手が、2010年には2Aでプレーするまでに自らのステージを進めたのだ。そして迎えるブレイクイヤーは2011年。2Aと3Aでプレーをしたバルデスピンは17本塁打&37盗塁を始め、ほぼ全ての項目でキャリアトップとなる内容をマーク。2009年を終えた時点から『ベースボール・アメリカ』誌の傘下ランキングには名前を連ねていたが、2011年終了後はこの位置が11位まで向上。期待を上回る躍進を果たしたバルデスピンは、2012年にはいよいよメジャーの舞台に上り詰めた。メジャーでは打率こそ.241ながら8本塁打とパンチ力を発揮。初打席でジョナサン・パペルボンから決勝の3ラン本塁打を放った等の鮮烈さに加え、シーズントータルでもOPSは.710と相応な活躍を披露した。

コンタクトの良さが持ち味の左打者。マイナーではシーズン単位でも打率が.300を上回ったことは無いが、通算で.283と相応な水準を記録している。ここに30盗塁を期待出来るだけのスピードを兼ね備えたアグレッシブなスタイルがバルデスピンの持ち味だ。マイナーでの内容は.283/.330/.427であるが、上で示したレイエスもマイナー通算では.284/.338/.424。バッティングのメカニクスのみならず、彼がレイエスと比較される素材であるのはこうした側面も存在する。メジャーではレフトで主にプレーしたが、マイナーでは2Bとショートを任された。肩の強さに不安を露呈している点はレイエスと異なる数少ない部分であるが、2Bやセンターとしてはスピードを生かし幅広いレンジをカバー出来るとこちらも評価が高い。さらに今シーズン5つのポジションをこなしたユーティリティ性、プレーもスマートであるとされるバルデスピン。以上のツールや側面を持つ彼は、限られたロースター枠をフルで生かす上で、彼はとても大きな意味を持つ存在だ。

アスリート性を傑出性とする傾向が顕著なドミニカ出身の素材であるが、バルデスピンは攻守に相応なまとまりを感じさせる。しかしレイエスと比較される素材ながら、いくつかの面が影響した結果として、バルデスピンはユーティリティとしての評価を得るに止まっている。主たるはアプローチ面。強烈なフリースインガーであり、107試合に出場した2011年の2AではBB%が4.8%。FanGraphsでは4.0%以下を「酷いレベル」、5.0%以下を「弱さを露呈」と定義しており、バルデスピンは明らかに選球眼という点でネックとなる素材だ。打率の割に出塁率が伸び悩む要素として大きな意味を持っている。

また、バルデスピンはレイエス程鮮烈なアスリート性を兼ね備えている訳では無い。ロケットミサイルのようなスローイングを兼ね備えた天性の韋駄天であったレイエスに対し、バルデスピンのツールは傑出しているとは言い難い。レギュラーとして15本塁打&30盗塁が期待される素材だが、レイエスがダイナミックなプレーで沸かすタイプである一方、彼はパワーとスピードのバランス面で評価を得ていると言った方が良いだろう。

バルデスピンはツールの多彩さに立脚した柔軟性が高く評価される素材だ。レギュラー候補よりは、そうしたユーティリティとしての側面が彼の価値を高めている。しかしセンター不在のチーム事情や、パワーとスピードを兼ね備える存在としてバルデスピンにはチャンスがある。スピードを生かした幅広い守備範囲には定評があり、センターとして評価する向きも現在のメッツでは明らかに存在している。アプローチ自体は粗削りながら、リードオフ型の素材として適正がある存在がバルデスピン以外それ程存在しないことも事実であり、2013年は彼にとって大きなチャンスとなるはずだ。

いずれにせよ、長くメジャーで生き残れるタイプの典型であると言えよう。とてもアスレチックなユーティリティー・プレーヤー。それがジョーダニー・バルデスピンだ。

 

Text by Koichi MIYAZAKI
写真:http://www.flickr.com/photos/slgc/7408858572/


One Response to THE PORTRAIT:ジョーダニー・バルデスピン

  1. デビッド・ライトがメッツと契約を結びましたね。『メッツ』たるワードに関連させて、2本目の企画ではこのようなルーキーを取り上げてみました。 #mlbjp
    http://t.co/79J9cKNO

コメントを残す