2012チーム別ドラフトレビュー:ナショナル・リーグ西地区

espnhs_max_fried_2011_area_code_baseball_576x324
  • アリゾナ・ダイアモンドバックス

○過去10年の傾向

大部分がメジャー昇格を果たすなど非常に上手くいっている印象(半分は既に移籍しているが)。高校生・大学生問わずにその時残っている一番の選手を指名する傾向で、そのためにはお金は惜しまない。
ジョシュ・バーンズGM政権下では投手の指名が多かったが、ケビン・タワーズGM政権でもその方針は変わっていない模様。2010年に全体6位で指名したバレット・ルークス(レンジャーズ)とまさかの契約失敗に終わるも、その補償で得た2011年全体7位指名で将来のエース候補アーチー・ブラッドリー(ダイヤモンドバックス)を指名・契約したあたりさすがである。

 

○2012ドラフト注目選手

ストライカー・トレイハン:C
右投左打,アカディアナ校,全体26位

アスレティック。力強い身体から放たれるスイングは早く、ストライクゾーンに保てる。非常にパワフルな打者だ。精神的にも非常に成熟しており、リーダーの素質あり。キャッチャーとしては強肩だが、プレートの後ろでのスキルはまだまだ磨く必要あり。打撃力を活かすためにライトにコンバートする可能性もある。ただ、球団のフロントは当分キャッチャーとして育成する方針。その名前も素晴らしく、今ドラフトでは1,2を争うレベルだろう。1,700,000ドル(スロットバリューと同額)でサインし、アリゾナルーキーリーグに出場中。159打席でリーグ2位となる34四球を選んでおり、スラッシュラインは.281/.300/.488。

 

ホゼ・ミュノズ
右投右打,ロス・アルトス高,全体90位

ルーカス・ジオリートやダニエル・ロバートソンのようにビッグネームではないが、スリーパーとして密かにスカウトの注目を集めていた。かなり粗削りだがアスレティックで、強肩、スピード、パワーを兼ね備えており、インスティンクトも優れている。守備面ではスカウトによっては素晴らしい守備力を持ったSSになれるという意見と、3Bに移ったほうがいいという意見に分かれる。520,500ドル(スロットバリューは540,000ドル)で契約し、アリゾナルーキーリーグでの156打席で.243/.312/.329を残している。

 

ジェイク・バーレット:RHP
アリゾナ州立大,全体120位

地元育ちのローカルボーイ。速球は95-96をコンスタントに叩きだし、最速で98マイルを計時する。スライダーは平均以上で、サードピッチとしてスプリッターもある。コマンドも優れており、大学3年時には33.1イニングで36K/9BBを記録している。起用法はリリーフに限定されるが、クローザーになれる素質あり。Dバックスファンとして生まれ育ち、今回の指名は相思相愛と言えるだろう。スロットバリューと同額の392,900ドルで契約後はAで19.1イニングを投げ18K/6BB、4.46 ERAを残している。

1 2 3 4 5

コメントを残す