アルシデス・エスコバーのヤクルト・スワローズ移籍とそこから考えられる影響

               ヤクルト・スワローズが10月30日、アルシデス・エスコバーとの契約を発表した。まだワールドシリーズが終わっていない時期に More »

「MLBを仕事にする」:記者水次祥子さんへのインタビュー

              不定期連載でお送りする、MLBの舞台で選手以外として活躍している方へのインタビュー企画の第3弾。今回は、ニューヨークと東京 More »

2019 ALDS Review:HOU vs TB

               ア・リーグ西地区を制したヒューストン・アストロズの対戦相手はワイルドカードを制したタンパベイ・レイズとの組み合わせとなった。  Game1 TB 2-6 HOU 勝: ジャスティン・バーラン More »

2019 World Series Review : Game7

              勝った方がワールドチャンピョンとなる運命のGame7。歓喜の瞬間を目の当たりにしようと球場には43,000を越えるファンが More »

2019 World Series Review : Game6

              お互いにロードでのゲームを取り合い、アストロズが3勝と王手を掛けて臨んだGame6。この試合では追い込まれたナショナルズが More »

 

2013 Team Preview:デトロイト・タイガース

Miguel Cabrera1

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照。

 

 

  • 予想オーダー

1 オースティン・ジャクソン:CF
タイガース不動のリードオフマン。2年連続で25%を超えていたK%を21%に抑え、BB%がキャリア初の2ケタ10.9%を記録するなど、リードオフマンとして着実に成長を見せている。パワーもあり、昨シーズンは先頭打者ホームラン6本を含む16本塁打を放った。

2 トリー・ハンター:RF
今季、エンゼルスからFAとなり2年2600万ドルでタイガースへ移籍してきた。メジャー16年目にして初の打率3割を記録するなど充実したシーズンを送った。攻守ともにまだまだ衰えはみられず、今季も活躍は期待できる。

3 ミゲル・カブレラ:3B
45年ぶりの3冠王を達成しメジャー最強打者の称号を確かなものにした。卓越したスイングスピードに加え、フィールド全体に打ち分けるバットコントロールはまさに芸術といってよいだろう。守備・走塁のツールは打撃ほど際立っていないがフットワークが軽く、肩も強い。

4 プリンス・フィルダー:1B
昨シーズン9年2億1400万ドルの大型契約でタイガースに移籍、その名に恥じない打撃を披露した。豪快なスイングで本塁打を量産する一方、三振数よりも四球数が上回るなど打席での落ち着きぶりや打撃技術は傑出している。

5 ビクター・マルティネス:DH
昨季1月の練習中に左ヒザの十字靱帯を断裂し手術を受け、シーズンを全休した。カブレラ、フィルダーの後を任される打者に昨シーズンは頭を悩ませていたタイガースにとってマルティネスの戦列復帰は朗報だ。

6 ジョニー・ペラルタ:SS
毎年ホームランは20本弱期待できるバッター。プルヒッターで2011年に放ったホームラン全てが左方向であったが、今季は13本塁打のうち6本が右方向だった。守備はALCSでのヤンキース戦でチームのピンチを救ったシーンもあり、守備も堅実だがシーズンのDRSは-1となっている。

7 アレックス・アビラ:C
2011年に正捕手に定着したことを足がかりにブレイクを果たした。昨シーズンは故障で離脱したこともあり、成績は物足りないものとなったが選球眼は相変わらず良く、出塁率.352を記録した。左投手に弱いことが課題である。

8 オマー・インファンテ:2B
昨シーズン、アニバル・サンチェスとともにマーリンズから移籍した二塁手。打席でのアプローチは非常に積極的で早いカウントから打っていくスタイル。そのためBB%は3.6%と出塁率は低い。守備は堅実で安定しており、昨季のDRSは+6だった。

9 アンディ・ダークス:LF
典型的なミドルヒッター。コンタクトが上手いため三振は少ないのが特徴。昨シーズンは打率.322を残した。今季はレフトのポジションをブレナン・ボッシュ、アビザイル・ガルシアと争う。

1 2

One Response to 2013 Team Preview:デトロイト・タイガース

  1. タイガースのチームプレビューをアップしました。 #mlbjp
    http://t.co/vCveK9RLJ9

コメントを残す