2013 Top 15 Prospects:ボストン・レッドソックス

8041469889_c3534cb0e1_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ15の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. ザンダー・ボガーツ::SS
文句なしのランキング一位。非常にアスレティックで、MLB全体のランキングでもTop10に入るであろう。SSに残ることができるかどうかには疑問符が付くが、守備面でも向上を見せており、3B転向したとしても問題はないだろう。WBCオランダ代表にも選出されている。

2. マット・バーンズ:RHP
平均93-95マイル、最速98マイルを計測するフォーシームと、プラスの評価を得うるツーシーム、カーブが武器。高い奪三振能力をもつ先発右腕。ローテーション上位を担いうる素材。

3. ジャッキー・ブラッドリー:OF
本格的なデビューシーズンとなった今季、A,A+を通じて圧倒的な結果を残し、評価を飛躍的に高めた。今季の結果が出来過ぎという意見もあり、来季は大きな分岐点となるであろう。順調に成長していけば、CFのレギュラーは確実だ。

4. アレン・ウェブスター:RHP
昨季のブロックバスタートレードでBOS傘下へ加入したグラウンドボーラー。90マイル中盤のよく動くストレート、沈む系統のチェンジアップ、カーブ、スライダーを武器に奪三振能力にも秀でており、ローテーション中位―上位の素材。

5. ギャリン・セッチーニ:3B
スピード、アベレージが持ち味の三塁手。HRパワーこそ秀でていないものの、長打力も持ち合わせており、スイングスピードはプラスプラスと評される。また、昨季は三塁守備においても向上を見せている。

6. ヘンリー・オーウェンズ:LHP
Aにおいて高い奪三振能力(K/9)と高いWHIPを記録している。投球の内容に関しては比較的評価を受ける左腕。HS出身で、伸びしろに関してはまだまだいい意味で未知数だが、数年後にはローテーション上位に入る能力は持っている。

7. ブレイク・スウィハート:C
2011年ドラフトの全体26巡目指名の両打ち捕手。本格的なプロデビューとなった今シーズンは、評されていた以上の守備を見せ、Cにとどまることができることを証明した。HS出身であり、伸びしろに期待がかかる。

8. ブライス・ブレンツ:OF
パワーツールとして期待される外野手。AAでは3割近い打率を残し、AFLにも派遣された。選球眼に多少の難を持つ。オフに、自らの足を打ち抜くというアクシデントに見舞われ、今シーズンは大きく出遅れることとなる。

9. ブランドン・ワークマン:RHP
90マイル中盤の速球とカッター、カーブ、チェンジアップをレパートリーに持つ。比較的フライボーラーである。コマンドに優れており、ローテ下位のワークホース、あるいはリリーフもといったところだろうか。

10. ホセ・イグレシアス:SS
2011シーズンにMLBデビュー済み。守備に関しては既にMLBでも上位に食い込めるレベル。打撃面も多少の成長は見せてはいるが、いかんせんパワーレスであり、守備の人という印象を拭い去ることはできていない。それでも、打撃を補って余りあるほどの価値ある守備を持つ。

11. ブライアン・ジョンソン:LHP
2012ドラフト1位の左腕。Max90マイル中盤のファストボールと2種のカーブ、チェンジアップはどれも平均―平均以上程度で現状ではローテ下位の素材だが、コマンドは比較的優秀であり、決め球となる球種を磨けばローテーション中位に食い込むことも可能だろう。

12. ブロック・ホルト:2B/SS
2012オフにハンラハンとともにやってきたM-IF。打撃も決して悪くはなく、平均以上の守備と肩は2B向きとも評されるが、将来的にはUTとして扱われるであろう。スピードに関してはあまり期待できない。

13. デビン・マレーロ:SS
ドラフトイヤーに評価を落とし、全体24巡目指名を受けたSS。守備面は平均以上のものを持っており、打撃もスイングはプラスの評価を受けている。アスレティックな素材かつ比較的基礎のできた選手であり、SSに残ることができるだろう。

14. ケウリー・デラクルーズ:OF
5-11と小柄ながら、昨季はA-A+で20HR,20SBを達成し、急成長を見せた。2011まではCFを平均レベルで守っていたが、昨季はLFがメインとなった。プルヒッターの中距離砲、4thOFとして目される

15. アンソニー・ラナウド:RHP
レッドソックス傘下でもトップクラスのカーブと、90マイル中盤のファストボールを持つが、怪我が多く非常に不安定な存在。それでも、ローテーション中位に食い込むポテンシャルは備えている。

 

Text by Go ITO
写真:http://www.flickr.com/photos/keithallison/8041469889/


One Response to 2013 Top 15 Prospects:ボストン・レッドソックス

  1. レッドソックスのトップ15プロスペクトをアップしました。 #mlbjp
    http://t.co/EYqz96jTV2

コメントを残す