2013 Top 15 Prospects:サンディエゴ・パドレス

max fried

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ15の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. マックス・フリード:LHP
2012年ドラフト1巡目全体7位で指名された将来を期待されるエース候補。線の細さが懸念されるが、彼の持つ速球、カーブ、チェンジアップの質は非常に高い。特にカーブは若き日のバリー・ジト(SF、LHP)を彷彿させる一級品だ。

2. ジェド・ギョーコ:2B、3B
2011年に打率.333、25本塁打、114打点を記録し一躍トップクラスのプロスペクトに上り詰めた強打者。昨シーズンは打率.311、28本塁打、100打点を記録し、今シーズン中のメジャーデビューが期待されるが、三塁にはチェイス・ヘッドリーがいるため昨シーズンは二塁の守備にも就いた。

3. ケーシー・ケリー:RHP
傑出したツールこそないが、非常にまとまりのある素材。最速95マイルのフォーシームに時計の12時から6時方向に変化する落差の大きいカーブ、チェンジアップを織り交ぜるスタイル。昨季メジャーデビューを果たすも2勝3敗、ERA6.18に終わった。コマンドも良く、大崩れするタイプではないことから将来は先発ローテ2、3番手を務めるだろう。

4. オースティン・ヘッジス:C
2011年ドラフトでパドレスから2巡目指名された捕手のプロスペクト。2塁までの送球到達時間は1.85秒という強肩が武器で昨シーズンの盗塁阻止率は32%だった。フルシーズン1年目で打率.279、10本塁打という成績も残しており、捕手でありながら14盗塁と脚力があるのも魅力である。

5. ライマー・リリアーノ:OF
16歳の時にパドレスと契約した将来の5ツールプレーヤー。キャリアハイの本塁打数は12本とパワーのツールはやや物足りないが、最大の武器は走力。2011年には66盗塁を記録し、昨シーズンは32盗塁と数こそ少ないが盗塁失敗数を20個→8個まで減らした。

6. ジョー・ウィーランド:RHP
2011年にマイク・アダムスとのトレードでパドレスに移籍してきた精密機械のようなコマンドを誇る右腕。キャリア通算のBB/9は1.6である。昨シーズン、メジャーデビューを果たし好投したが援護に恵まれず初勝利はお預けとなった。またひじの痛みを発症し6月下旬にトミー・ジョン手術を受けた。最速94マイルの速球に球速差のあるカーブ、チェンジアップを投じるスタイルだ。将来はローテーション4番手を投げるとみられている。

7. マット・ウィスラー:RHP
2011年ドラフトでパドレスから7巡目指名された右腕。速球は最速96マイルを記録し、カーブは「ハンマーカーブ」とも称される威力を誇る。そのほかにチェンジアップも投げる。コマンドも安定しており、昨シーズンは114IPで113K/28BBを記録し、BB/9は2.2だった。

8. ジェイス・ピーターソン:SS
抜群の選球眼とコンタクト能力に加え、マイナー2年間で90盗塁をマークした将来のリードオフマン候補。OPS.770とパワーに欠け、守備では脚力を生かして守備範囲は広いが昨シーズン28失策と課題は残る。

9. ウォーカー・ウェイケル:RHP
6フィート6インチの長身から投げおろす速球とカーブが持ち味の投手。オリンピア高校時代から名の知れた投手でドラフト上位指名選手と見られていたが、球威の低下で評価が下落した。最速95マイルの速球に70マイルの落差のあるカーブ、チェンジアップを投げる。将来は先発ローテーション中位を投げる投手になるとみられる。

10. ブラッド・ボックスバーガー:RHP
昨季メジャーデビューを果たした将来のクローザー候補。最速95マイルの速球にチェンジアップ、スライダーを投げる。マイナー通算の奪三振率は12.1、その一方で四球率は4.1とコマンドにはやや不安を残す。

11. バーチ・スミス:RHP
2011年ドラフトでパドレスから14巡目で指名された右腕。昨シーズンはA+で26試合に先発、9勝6敗、ERA3.85、129IPで137K/27BBをマークした。先発フルシーズン1年目ながらK/9は9.6、BB/9は1.9と優秀な成績を残した。最速97マイルのフォーシームが武器で他にはチェンジアップ、カーブ、スライダーを投げるがブレーキングボールのクオリティは未熟だ。

12. コリー・スパンゲンバーグ:2B
2011年ドラフトにおいて全体10位で指名された。卓越したバットコントロールに定評があり、アベレージが期待できる素材だが昨シーズンはA+で打率.271だった。パワーは無いが見た目以上に俊足の持ち主で過去2シーズン合計で52盗塁をマークした。守備は特筆すべきものはないが堅実にこなしている。

13. トミー・メディカ:1B、C
パドレス傘下でも1、2を争う打力が魅力の選手。昨季は打率.330、19本塁打、87打点OPS1.029とキャリアハイの数字を連発した。決して振り回すような打者ではなく86K/41BBと選球眼もある。守備・走塁には傑出したツールは無く、一応キャッチャーも守れるが昨シーズンは1試合しかマスクをかぶらなかった。

14. マシュー・アンドリース:RHP
昨シーズンは26試合に先発し10勝8敗、ERA3.58、146IPで131K/38BBをマークした。速球は最速で95マイル、ハードな変化をするカーブ、そのほかにカッター、スプリッターも投げる。ポテンシャルは高く、コマンドも安定しているため将来はローテーション2~3番手を任される投手になるだろう。

15. ケビン・クァッケンブッシュ:RHP
リリーフプロスペクト。速球はそれほど速くなく、平均89~91マイル。そのほかスライダー、チェンジアップを投げる。最大の魅力は奪三振能力の高さで、マイナー2年間の奪三振率は12.7をマークした。

 

Text by Fumiya OGURA
写真:http://www.flickr.com/photos/areacodebaseball/5553669714/sizes/m/in/photostream/


One Response to 2013 Top 15 Prospects:サンディエゴ・パドレス

  1. パドレスのトップ15プロスペクトをアップしました。#mlbjp
    http://t.co/t0d35MShie

コメントを残す