2013 Team Preview:シカゴ・カブス

5879954084_9cab839621_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照。

 

 

  • 予想オーダー

1 スターリン・カストロ:SS
初の平成生まれメジャーリーガーとして名を刻んでいる。傑出したバットコントロールの持ち主。2011年には21歳にして207安打をマーク。耐久性とスピードも兼ね備え、粗削りな守備面もカバー範囲&強肩に可能性を秘めている。 

2 ダーウィン・バーニー:2B
2011年~2012年の計10犠打はリーグ7位。オフェンス面は平凡も、メジャー史上タイ記録となる141試合連続無失策をマークしたディフェンスは高い評価を得る。DRSは+28でGG受賞.ポジショニングが巧みとされている。 

3 アンソニー・リゾー:1B
ジェド・ホイヤーGMが惚れ込む才能。プロスペクト時の守備を兼ね備えたミドルヒッターたる評価からパワーが向上を果たしている。ホジキンリンパ腫を克服したメンタリティも評価が高い。左腕に対してはOPS.599と弱さを露呈。 

4 アルフォンソ・ソリアーノ:LF
2012年は8年$136Mの1年目である2007年以来となる30本塁打以上をマーク。キャリアハイの108打点も記録した。ボールの見極めと守備に不安を露呈しているが、36歳の現在もパワー面はISO.237と高いレベルを維持。 

5 スコット・へアストン:RF
メッツでキャリアハイとなる20本塁打&OPS.803をマークした後、カブスと2年$5Mで契約。左腕に対しキャリアで長打率.500&.825。右腕にもアベレージこそ伸び悩んでいるが、パワーは左右を問わずに発揮出来ている。 

6 デビッド・デへスス:CF
2012年のBB%10.5%はキャリアハイ。攻守でオールラウンドなミドルヒッターとしての評価を作り上げている。ここ3年はライトでの出場が主だが、センターではロイヤルズでプレーした2005年にDRS+10を示している。 

7 ジョシュ・ビターズ:3B
傑出したバッティングセンスの高さは疑う余地が無い。選球眼に欠けるバッティングはあらゆるボールを捉えられてしまうためとも目されている。2012年は7四球/33三振&打率.121。イアン・スチュワートとポジションを争う。 

8 ウェリントン・カスティーヨ:C
マイナーではここ3年間OPS.800以上をマーク。相応なパワーを秘めており、ボールの見極めも向上。守備面も強肩が持ち味だ。2012年はジオバニー・ソト移籍後に正捕手としてOPS.754も、K%では26.8%と粗さを露呈した。 

9 P

1 2

One Response to 2013 Team Preview:シカゴ・カブス

  1. カブスのチームプレビューをアップしました。 #mlbjp
    http://t.co/SCcNzcXIRe

コメントを残す