開幕延期した時間を使うには野球ファンはどうすれば良いのか

              Florida College Summer League 公式HP:http://floridaleague.com/v More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 10-1

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 20-11

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 30-21

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 40-31

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

 

2013 Team Preview:ワシントン・ナショナルズ

Ryan Zimmerman

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照。

 

 

  • 予想オーダー

1 デナード・スパン:CF
ツインズからトレードで獲得したリードオフマン。昨シーズンはチーム最多の38二塁打を放ち、守備でもキャリアハイのDRS(守備防御点)+20を記録した。今季も攻守に活躍が期待できる。

2 ブライス・ハーパー:LF
昨シーズン19歳でメジャーデビューを果たした大型ルーキー。打席で漂う風格には貫禄すら感じられる。昨シーズンは打率.270、22本塁打、59打点、18盗塁に加えてDRS+14とルーキーとは思えない走攻守とも立派な数字をマークした。昨季はセンターやレフトを守っていたが、スパンの加入によりレフトに固定される。

3 ライアン・ジマーマン:3B
MLBを代表する三塁手。昨シーズン2月に6年1億ドルの契約を結んだ。シーズン序盤は右肩痛に苦しめられたが7月以降、本領を発揮し打率.321、22本塁打73打点と活躍し、ワシントンDC移転後初のポストシーズン進出に貢献した。守備も一級品だが、昨季は精彩を欠きDRS-1だった。

4 アダム・ラローシュ:1B
昨年はキャリアハイの数字を連発する素晴らしいシーズンだった。33本塁打100打点をマークし、ナショナルズの打線の中心としての役割を果たし、さらにお世辞にも上手いとは言えなかった守備でもキャリアハイのDRS+8を記録し、ゴールドグラブ賞を受賞。攻守にわたる活躍が評価され、オフに2年2400万ドルで再契約した。

5 ジェイソン・ワース:RF
昨シーズンは守備の際にスライディングキャッチを試みて左手首を骨折、3か月戦列を離れた。規定打席に足りないが打率は自身初の3割をマークした。選球眼はもともと良いためシーズン終盤には1番打者を務め、ナショナルズを牽引した。

6 イアン・デズモンド:SS
これまでキャリアハイの本塁打数が10本だった男がまさかの大変貌。遊撃手としては両リーグNo.1の25本塁打を記録、オールスターにも初選出された。ただDRS-6、出塁率.335といくつか課題を残した。

7 ダニー・エスピノーザ:2B
ナ・リーグ最多の189三振を記録したフリースインガー。初球スイング%が46.8%とリーグ平均を大きく上回っており、打席での積極性と20盗塁を記録した脚力が持ち味だが確実性に欠ける。守備は堅実で安定感がある。

8 カート・スズキ:C
昨シーズンはアスレチックスから移籍し、ナショナルズの投手陣を上手くリードした。打撃ではあまり良いパフォーマンスを披露できなかったが、昨季に放った6本塁打のうち5本はナショナルズ移籍後の8月上旬に放っている。有望株のウィルソン・ラモスと正捕手の座を争う。

9 P

1 2

One Response to 2013 Team Preview:ワシントン・ナショナルズ

  1. ナショナルズのチームプレビューをアップしました。 #mlbjp
    http://t.co/SKvKgA9m0i

コメントを残す