2013 Top 15 prospects:オークランド・アスレチックス

USA Baseball CNT vs Korea

 

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ15の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. アディソン・ラッセル:SS
筋肉質な体格に素晴らしいパワーツールと強肩、ハンドリングを兼ね備える。3B転向が濃厚と目された守備面も体重を減らすことでより機敏な動きを披露している。年齢相応に粗削りであり、2012年は変化球への対応に課題を露呈。 

2. ダン・ストレイリー:RHP
90マイル前半をコンスタントに計時するストレートとスライダー、チェンジアップ。ゾーンを積極的に突くコントロールも兼ね備える。まとまりに優れるが、メジャーでは39イニングで11被本塁打。ローテーション半ばクラス。 

3. マイケル・チョイス:OF
2011年にA+で30本塁打。ただし2012年は三振を喫するアプローチの粗さが目立つパフォーマンスに終始した。ボールの見極めに優れパワーも兼ね備えているが、コンタクト面で課題。高いアベレージを両立出来るタイプでは無い。 

4. レナト・ヌネス:3B
3Bとしての彼は狭いカバー範囲に止まる平凡な素材だ。OFか1Bに止まる可能性もある一方で、評価はバッティングにより形作られている。素晴らしいバットスピードの持ち主であり、右打席から優れたパワーを披露している。18歳。 

5. マイルズ・ヘッド:3B
A+で打率.382&長打率.715と傑出したバッティングを披露。ただし2Aでは16四球/75三振と粗削りなアプローチを露呈。鋭いバットスイングから広角にパワフルな打球を放つ。レッドソックスでは1Bも、2011年オフに移籍後は3B。 

6. デビッド・フレイタス:C
2012年にカート・スズキのトレードで移籍。素晴らしいボールの見極めを示し、相応なパワーも兼ね備える。スローイングは平凡だがアスレチックで動きは機敏。リーダーシップへの評価も高い。ただし守備は向上の余地を示す。 

7. グラント・グリーン:IF/OF
アマチュア時を含め野球エリートの道を歩み続けた素材が、いよいよメジャーの扉を叩きつつある。アグレッシブなアプローチでキャリアの打率は.302。相応なパワーとスピードも兼ね備えるが、ボールを選ばない側面は大きなネックだ。 

8. マット・オルソン:1B
1Bながら高校時は投打でポテンシャルを発揮した素材。大柄な体格の左打者でコンパクトなスイングからパワーを示す。カバー範囲と強肩を兼ね備えるディフェンダー。スイングの安定がテーマで、19四球/50三振と粗削りなアプローチ。 

9. ノーラン・サンバーン:RHP
アスレチック。90マイル半ばのストレートと緩急2種のカーブを操り、ゾーンを突くだけのコントロールも兼ね備える。先発の素材として期待を得る素材だが大学時はリリーフ。それに相応しいだけのメンテリティとパワーは示している。 

10. B.J.ボイド:OF
スピードツールが持ち味。2012年のパフォーマンスではアプローチとアベレージを両立。ギャップヒッターで体格の向上に伴いよりパワフルになると目されている。かつてツインズでプレーしたマット・ロートンと比較される素材。 

11. ダニエル・ロバートソン:3B
高校時はショートも現在は3B。美しいスイングの持ち主でありアベレージ面に才覚を示す。アプローチにも評価を得ているがA-では7四球/31三振。体格が小柄でパワーも傑出していない。いずれの側面も経験と共に向上が期待される。 

12. ソニー・グレイ:RHP
小柄なパワーアーム。90マイル半ばのストレートとパワーカーブ。チェンジアップも向上を辿っているが、マイナーでのパフォーマンスはK/BB 1.71&K/9 5.9と平凡。体格や球種の問題を含めリリーフたる将来像を描かれる素材だ。 

13. コナー・クランブリース:2B/OF
四球マシーンとしてドラフト時より評価を得ていた。マイナー通算で.269に止まる打率に対し出塁率は.416。ここ3年で2度の120四球以上をマークしている。3年連続で24盗塁をマークするスピードもあるが、既に25歳だ。 

14. ショーン・マーフィー:RHP
6フィート6&215ポンドと大柄な体格。ドラフト全体995位指名のアンダードッグが2012年に159イニングを投げ159奪三振/52四球。マイナーのキャリアでもK/9 9.1をマーク。HR/9がキャリアで1.2と彼本塁打の多さが懸念。 

15. シェーン・ピーターソン:OF
ミドルヒッター。アプローチにも優れ2012年は.326/.460/.510。スピードに欠けるためディフェンダーとしては1Bプランが望ましい反面、パワーツールの無さがネック。打者として優れるもポジションが起用の幅を狭めている典型だ。

 

Text by Koichi MIYAZAKI
写真:http://www.flickr.com/photos/mrfishk/4795451368/


One Response to 2013 Top 15 prospects:オークランド・アスレチックス

  1. アスレチックスのトップ15プロスペクトをアップしました。 #mlbjp
    http://t.co/uXssZByMMg

コメントを残す