2013 Top 15 Prospects:アリゾナ・ダイヤモンドバックス

7237369328_57d6a34a7e_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ15の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. タイラー・スキャッグス:LHP
鮮烈なカーブの持ち主。チェンジアップのクオリティも高く、90マイルのストレートを生かしている。アスレチックでメカニクスの維持にも問題を示していない。エースクラスのポテンシャルでは無いが、彼のまとまりは傑出している。 

2. アーチー・ブラッドリー:RHP
高校ではフットボールを兼任したアスリート。パワフルなストレートとパワーカーブのコンビネーションを示し、エースのポテンシャルを示す。アップサイドは傘下トップも、136イニングで84四球を喫したコマンドに課題を露呈する。 

3. アダム・イートン:OF
3Aの新人王にしてMVP。パワー以外の4ツールを兼ね備え、ギャップを抜くパワーとスピード、ボールの見極めを披露。守備でもカバー範囲と強肩を示している。ゲームに望む姿勢も評価が高く、常に全力を尽くすファイターだ。 

4. デビッド・ホームバーグ:LHP
スキャッグスと共にまとまりに優れた左腕だ。91マイルをコンスタントに計時するストレートにハイクオリティなチェンジアップを織り交ぜる。体格に恵まれイニングをこなせるワークホース型。ローテーション半ばクラスの素材だ。 

5. マット・デビッドソン:3B
パワーヒッター。フィールド全体にパワフルな打球を放つ。2012年はアプローチを向上させ、守備面でもエラーこそ喫するも動きに進歩を示す。攻守で可能性と共に粗さを露呈する典型。ただしオーダー主軸クラスのアップサイド。 

6. ストライカー・トレイハン:C
アスリート。特にオフェンス面での評価が高く、パワーとボールの見極め、そしてスピードのパッケージだ。アプローチも優れる。守備面のセンスも備えるもフットワークとキャッチングに課題。今後OFコーナーへの転向が濃厚。 

7. アンドリュー・ベラスケス:2B
小柄ながらアスレチック。17歳で披露したルーキーリーグでのパフォーマンスは鮮烈だ。ギャップを抜くパワーとスピード、ボールの見極めを兼ね備える。守備面も評価を得ている。彼もまたアップサイドで注目されるべき素材だ。 

8. マイケル・ぺレス:C
トレイハンと並ぶアスレチックな捕手だ。パワーとアームのコンビネーション。バッティングではISO.249をマークし、盗塁阻止率も52%たる高いレベルにある。攻守にツールとアップサイドはあるが粗削り。より磨かれる必要がある。 

9. アンドリュー・チェイフィン:LHP
スライダーはスカウト評価でも最高クラス。94マイルに届くストレートとのコンビネーションで2012年はA+でK/9 11.0。不安定なコマンドよりリリーフに適性を指摘され、健康面でも2010年にトミー・ジョン手術を経験している。 

10. ディディ・グレゴリウス:SS
アムステルダム出身。アクロバティックな守備を持ち味に、攻守でアスレチック。バッティングはパワーレスかつ打ち上げる傾向があり、兼ね備えるスピードに比して盗塁技術も粗削りだ。ただしアプローチは向上を辿っている。 

11. チェース・アンダーソン:RHP
92マイルのストレートとチェンジアップ、カーブのコンビネーション。小柄な体格でポテンシャルも傑出していないが積極的にストライクを並べるアグレッシブな内容。ローテーション下位クラスの素材だが、まとまりの良さが目立つ。 

12. ジョナサン・グリフィン:1B
6フィート7&250ポンドの大型1B。パワーとアームの2ツールが傑出しており、相応なヒッティングスキルも兼ね備える。体格に比してアスレチックながらスピードに欠けカバー範囲は平凡。インコースへの対応にも課題。 

13. ゼーク・スプリール:RHP
シンカーボーラー。体格と共にデレク・ローと比較される。傑出したボールは持たないが、常に低いゾーンにボールを集めるコマンドと共にイニングをこなすタイプ。支配的な素材では無く、ゴロを打たせることが大きな持ち味。 

14. チャールズ・ブリュワー:RHP
2Aと3A合計で防御率5.78。それでも安定したコマンドと多彩なボールを操る存在はリストに入る価値がある。スムースなメカニクスから90マイル前後のストレートを放つフライボーラー。彼もまたイニングイーター型の素材だ。 

15. アルフレッド・マーテ:OF
平凡な7年間のマイナー生活を経て2012年に2Aでブレイク。ボールの見極めを向上させ、よりパワフルなバッティングを披露した。ライトとして素晴らしいスローイングも示す。ただし真価が問われるのは2013年シーズンとなる。

 

Text by Koichi MIYAZAKI
写真:http://www.flickr.com/photos/chuckles396/7237369328/


One Response to 2013 Top 15 Prospects:アリゾナ・ダイヤモンドバックス

  1. Dバックスのトップ15プロスペクトをアップしました。 #mlbjp
    http://t.co/v1pK77D5QH

コメントを残す