2013 Top 15 Prospects:クリーブランド・インディアンス

4605443602_a65180ca0f_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ15の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. トレバー・バウアー:RHP
パワフルなストレートとブレーキの利いたカーブ。独自のトレーニングや信念はDバックスで受け入れられずも、明らかにエースのポテンシャルがある。マイナーでのK/9は11.5。一方でBB/9は4.2であり、コマンドが不安定だ。 

2. フランシスコ・リンドーア:SS
オマー・ビスケルの再来。パワーに欠けアベレージも平凡ながら、攻守で年齢に似合わぬまとまりを披露。素晴らしいアプローチを示し、ショートの守備はマイナー最高クラス。メンタリティも成熟。試合への姿勢も高い評価を得る。 

3. ホセ・ラミレス:2B
マイナー2年間で打率.342。19歳にしてAでプレーし、相応なスピードとパワー、アグレッシブながら優れたアプローチを証明している。本来はショートを任されていた素材で、2Bとして広いカバー範囲と強肩も兼ね備えている。 

4. ドルシー・ポーリーノ:SS
攻守にアグレッシブなダイアモンドはキャリアのスタートをOPS.938たる素晴らしいスタートを切った。パワーポテンシャルに恵まれ、スピードと強肩も兼ね備える。ツールは鮮烈だが、それを生かすためにより磨かれる必要がある。 

5. ミッチ・ブラウン:RHP
バーベル上げの選手であった韓国人の父親譲りの頑健な体格。96マイルを計時するストレートとカーブ。カッター、チェンジアップの質も高い。既にパワフルで、メンタリティにも高い評価を得る。変化球とコマンドの向上がテーマ。 

6. タイラー・ネークイン:OF
2012年ドラフトで最高の打者の1人。パワー以外の4ツールを兼ね備える。フィールド全体にラインドライブを打ち分けるミドルヒッターで、ボールの見極めとアプローチも優秀。守備も強肩を主に評価を得る。リードオフ型の素材。 

7. ロニー・ロドリゲス:SS
良し悪しがとても鮮明だ。パワーツールと強肩、相応なスピードを示す一方でフリースインガー。守備もツールが揃うも粗さを露呈している。彼の価値は20歳にしてA+の舞台でプレーしたことであり、磨かれる可能性はまだ残されている。 

8. コディ・アレン:RHP
ドラフト全体698位指名の右腕が98イニングでマイナーを卒業。95マイルのストレートと落差のあるカーブを持ち味にメジャーで防御率3.72。ゾーンを突くコントロールも兼ね備えている。クローザーとしてのポテンシャルの持ち主。 

9. ダニー・サラザー:RHP
90マイル後半をも計時するハードボーラー。チェンジアップとパワースライダーも兼ね備え、コンスタントにゾーンを突くことも出来る。セカンドピッチが不安定で経験したイニング数も少ないため、リリーフ向きとの評価もある。 

10. トニー・ウォルタース:SS
ツールのクオリティでは無く総合的なパフォーマンスで評価を得る。アベレージが持ち味のミドルヒッターで、小柄な体格に比してパワーもある。相応なスピードも攻守で発揮。アプローチが粗く分類としてはフリースインガー。 

11. へスス・アギーラ:1B
6フィート3&250ポンドの恵まれた体格。ヒッティングプロスペクトでパワーポテンシャルがあり、ボールの見極めも洗練を辿っている。ルール5ドラフトで指名される可能性があったが、守備やスピードは平凡なレベルにすぎない。 

12. メーソン・ラデク:RHP
平凡なポテンシャルにより見過ごされている典型的な素材だ。傘下で最もまとまりのあるアームプロスペクトの1人。2012年はAと2A合計でK/BB4.58。スムースなメカニクスから多彩なボールをコマンド良く織り交ぜる。 

13. ルイージ・ロドリゲス:OF
リードオフ。持ち味はスピード。年齢に比してボールを見極めることが出来、本来はアベレージ面で才覚を示していた素材でもある。攻守で経験が不足しており粗削り。三振の多さや盗塁技術、外野守備を学ぶ過程を辿っている。 

14. チェン・リー:RHP
サイドアーム。リリーフとしてエリートクラスのキャリアを辿る。2011年に2Aと3A合計でK/9 12.5。K/BBも4.30の高いレベルを示した。92マイルのストレートとスライダーのコンビネーション。2012年にトミー・ジョン手術。 

15. スコット・バーンズ:LHP
支配的な先発としてキャリアを辿っていたが、2012年にリリーフ転向。3AでK/9 11.6をマークし、2013年のSTでも6.1イニング/7奪三振。独特なアングルのスリークォーター。92マイルのストレートとスライダーを織り交ぜる。 

 

Text by Koichi MIYAZAKI
写真:http://www.flickr.com/photos/ensignbeedrill/4605443602/


One Response to 2013 Top 15 Prospects:クリーブランド・インディアンス

  1. インディアンスのトップ15プロスペクトをアップしました。プロスペクトランキングは全て30チームが完了です。 #mlbjp
    http://t.co/uXPCM8ZXXc

コメントを残す