2013 Team Preview:ニューヨーク・ヤンキース

jeter

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照

 

  • 予想オーダー

1 デレック・ジーター: SS
ご存じニューヨークの貴公子でキャプテン。38歳となったがまだまだ一流。昨年は159試合に出場し、.316/.362/.429、15HRで7年連続のオールスター選出、シルバースラッガー賞にも選ばれた。しかしALCS第1戦の延長12回にゴロ処理の際に足首を骨折、長期離脱となってしまった。開幕戦には間に合わないが4月6日のタイガース戦での復帰を目指す。

2 イチロー: RF
昨年のトレードデッドラインに11年半過ごしたマリナーズから電撃移籍すると移籍後は.322/.340/.454と大活躍、プレーオフでもマット・ウィータースのタッチを回避するスーパープレーやALCS第1戦のツーランホームランなど活躍した。今年の10月に40歳となるがまだまだ進化を遂げるイチローに注目だ。

3 ロビンソン・カノー: 2B
昨年は自己最多の33HR、.313/.379/.550で自身4回目のオールスター、シルバースラッガー賞、ゴールドグラブ賞にも輝いた。カーティス・グランダーソン、マーク・テシェイラ、アレックス・ロドリゲスの主力3人が開幕から長期離脱することがすでに決定しているため、カノーの打撃がより一層重要となってくるだろう。

4 ケビン・ユーキリス: 3B
昨年の途中までは宿敵ボストン・レッドソックス所属。マイケル・ルイス著のベストセラー本、『マネーボール』では「四球のギリシャ神」と形容されるほど選球眼が優れた選手であるのはいまさら言うまでもない。狭いヤンキースタジアムへの移籍で成績が向上する可能性はあるが問題は怪我なく過ごせるかどうか。2008年以降140試合以上に出場した年は1度もない。

5 トラビス・ハフナー: DH
10年間プレーしたインディアンズからヤンキースへFAで移籍。長打力が武器の選手だが、ユーキリス同様、怪我で試合に出場できないことが多い。元々は対右専用のDH要員としての獲得だったが怪我人続出のため出場機会は与えられることだろう。

6 フアン・リベラ: 1B
マイナー契約からの開幕ロースター入り予想。テシェイラの長期離脱が決まっているためリベラをファースト起用せざるを得ない状況。スプリング・トレーニングではここまで打率3割をキープしているがシーズン中もこの調子で打てるかは疑問。ファーストに関してはトレードデッドラインまでに動きがあるだろう。

7 バーノン・ウェルズ: LF
超不良債権として有名な彼がまさかのトレードでヤンキース加入。昨年はマイク・トラウトの台頭で出場機会が激減。実力は確かだが近年は発揮できていない。新天地への移籍がプラスに働くか?

8 クリス・スチュワート/フランシスコ・セルベリ: C
ラッセル・マーティンがFAでパイレーツへ移籍したため正捕手不在の状況に。スプリング・トレーニングにおいては両者ほぼ同等の出場機会をここまで与えられているが結果は出ていない。昨年55試合に出場している分だけスチュワート有利か?

9 ブレット・ガードナー: CF
右肘の怪我で昨年はわずか16試合にしか出場できず。2年間で96盗塁を記録したように俊足で、かつ出塁能力も比較的高いためなるべく塁に出したくない存在。また守備範囲が非常に広い選手で、2011年はレフトでUZR26.1、DRS23と驚異的な数値をたたき出している。

主力選手の怪我情報
アレックス・ロドリゲス:前半戦絶望
マーク・テシェイラ:早くても5月後半から6月前半の復帰?
カーティス・グランダーソン:5月ごろの復帰見込み

1 2

One Response to 2013 Team Preview:ニューヨーク・ヤンキース

  1. 怪我人続出のヤンキースのチームプレビューをアップしました。
    http://t.co/1jux22h1Xh #mlbjp

コメントを残す