2013 Team Preview:オークランド・アスレチックス

cespedes

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照

 

 

  • 予想オーダー

1 ココ・クリスプ: CF
アスレチックス不動のリードオフマン。昨年は120試合の出場ながら快足を飛ばし39盗塁を記録。また7年ぶりに2ケタホームランも達成した。一方でセンター守備は2年連続で平均以下の数値。また外野手とは思えないほど肩も弱い。クリス・ヤングがダイアモンドバックスから加入したが当面はセンターのレギュラーの模様。

2 ジェド・ラウリー: SS
アストロズからトレードで加入。とにかく怪我が多いのはネックだが昨年97試合で16HRを放ったようにショートとしては非常に魅力的な長打力の持ち主。選球眼も良く、まさにビリー・ビーン好みの選手ともいえる。なんとか怪我なく過ごすことができれば大きな戦力となることは間違いない。

3 ジョシュ・レディック: RF
レッドソックス時代はなかなか出場機会に恵まれなかったがアスレチックスへの移籍後才能開花。途中、調子を落とすこともあったが最終的には32本のホームラン(もちろん自己ベスト)を放ち、アスレチックスの逆転地区優勝の原動力となった。また守備も一流で昨年はUZR17.4、DRS23を記録しゴールド・グラブ賞にも輝いた。

4 ヨエニス・セスペデス: LF
キューバの大砲はメジャーの舞台でもその力をいかんなく発揮。129試合の出場で.292/.356/.505、23HRと期待通りの活躍を見せた。守備面で課題を残すが少なくとも打撃に関しては4年3600万ドルの大型契約に見合うだけの能力はあると証明した。この春は不調だがシーズンでは大きな問題にはならないだろう。

5 ブランドン・モス: 1B
マイナー契約から這い上がり、84試合の出場で21HR、長打率.596と気が付いたらアスレチックス打線の中核にまでなっていた。ビル・ジェームスの予想では今季は25HRとなっているがそれを上回る打撃に期待。

6 セス・スミス: DH
昨年は打率.240ながら出塁率.333、14HRとまずまずの成績。とにかく左投手を苦手としていて、昨年の対左投手の打率は.157、通算でも.191となっている。

7 ジョシュ・ドナルドソン: 3B
元々はキャッチャーだが昨年春にスコット・サイズモアが負傷したため急遽サードへコンバート。序盤は不調でマイナー落ちも経験したが再昇格後は度々貴重な一打を放ち、チームを救ってきた。

8 ジョン・ジェイソ: C
マリナーズからトレードで加入。昨年は.276/.394/.456、10HRと貧打に苦しむチームの中で唯一安定した成績を残した。また昨年は勝負強さも発揮。左投手を苦手としていることから左投手が先発の際はデレック・ノリスがスタメンマスクを被ることが多くなることが予想される。

9 エリック・ソガード: 2B
メジャーでは珍しくプレー中も眼鏡をかけている選手。アダム・ロザレスがDL入りしたことやソガード自身もスプリングトレーニングで絶好調なことから開幕スタメンはほぼ確定と見られる。セカンド守備はなかなかのもの。

1 2

One Response to 2013 Team Preview:オークランド・アスレチックス

  1. オークランド・アスレチックスのプレビューをアップしました。
    http://t.co/tZLERlreJI #mlbjp

コメントを残す