2013 Team Preview:アトランタ・ブレーブス

IMG_3065

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

 

 

  • 予想オーダー

1 アンドレルトン・シモンズ:SS
昨年のSTで有名になりブレイクしたオランダ・キュラソー出身選手。ドラフト時は投手だったがブレーブスフロントは遊撃手としてのセンスを感じ取りコンバートさせた。パワーはないがアベレージは見込める打撃スキルを持っている。守備はリーグ随一との評価。

2 ジェイソン・ヘイワード:RF
元BAプロスペクトランキング全米1位のホームタウンボーイ。優れた選球眼、パワー、走塁センスを兼ね備え、4年目ながら既にフランチャイズプレイヤーの風格がある。昨季は初のGGを受賞するなど守備面での評価も高い。30-30を記録できるであろうポテンシャルを秘めている。

3 ジャスティン・アップトン:LF
言わずと知れたスター兄弟の弟。大型トレードでダイヤモンドバックスから移籍したのは記憶に新しい。昨季は大きな期待とは裏腹に確実性に欠けるパフォーマンスで周囲を失望させた。2012年8月3日フィリーズ戦で通算100本塁打を達成しているが、同日30分後に別の試合で弟のB.J.も通算100本塁打を達成した。

4 フレディ・フリーマン:1B
2012年は新人王クラスの成績を収めた2011年に引き続き安定した守備とパワーを示した。豪快なアッパースイングから放たれる打球は見もの。打率は大きく落としたが四球率と長打率はあがっており、23歳という若さもあって今後の成長が期待できる。

5 B.J. アップトン:CF
アップトン兄弟の兄。オフにフランチャイズ記録の5年7500万ドルでブレーブスと契約、レイズから移籍した。4年連続で打率が.250を下回っており、確実性は期待できないが30-30を狙えるパワーとスピードがある。マイケル・ボーンが抜けたあとのCFを務める。

6 ブライアン・マッキャン:C
右肩の怪我で昨年は大きく成績を落とし、連続オールスター出場は6年で途切れた。オフに手術をしたが、リハビリが遅れており、開幕は故障者リストで迎える可能性が高い。今季終了後にFAとなるので復帰後のパフォーマンスが注目されている。

7 ダン・アグラ:2B
好不調の波が激しい選手で、昨年は6月以降の打率が.185と苦しんだ。6年連続30HR以上だったのが昨年で途切れ、キャリアの下降線をたどっているのではと懐疑の目が向けられている。バットスピードが落ちているとの噂もあり、オフに肉体改造したとも。守備は相変わらず期待できない。

8 フアン・フランシスコ:3B
チッパー・ジョーンズが引退したため、オフのトレードで加入したジョンソンとプラトーン起用されると思われる。長打力に優れており、昨年は192打席ながら9本塁打を放った。オフには球団から体型を絞るように指示された。スイングのムダをなくして確実性を身につければフルシーズンで25本塁打以上を期待できる。

9 P

1 2

One Response to 2013 Team Preview:アトランタ・ブレーブス

  1. ブレーブスのチームプレビューをアップしました。 #mlbjp
    http://t.co/zS5allguUd

コメントを残す