アルシデス・エスコバーのヤクルト・スワローズ移籍とそこから考えられる影響

               ヤクルト・スワローズが10月30日、アルシデス・エスコバーとの契約を発表した。まだワールドシリーズが終わっていない時期に More »

「MLBを仕事にする」:記者水次祥子さんへのインタビュー

              不定期連載でお送りする、MLBの舞台で選手以外として活躍している方へのインタビュー企画の第3弾。今回は、ニューヨークと東京 More »

2019 ALDS Review:HOU vs TB

               ア・リーグ西地区を制したヒューストン・アストロズの対戦相手はワイルドカードを制したタンパベイ・レイズとの組み合わせとなった。  Game1 TB 2-6 HOU 勝: ジャスティン・バーラン More »

2019 World Series Review : Game7

              勝った方がワールドチャンピョンとなる運命のGame7。歓喜の瞬間を目の当たりにしようと球場には43,000を越えるファンが More »

2019 World Series Review : Game6

              お互いにロードでのゲームを取り合い、アストロズが3勝と王手を掛けて臨んだGame6。この試合では追い込まれたナショナルズが More »

 

2013 Mock Draft:16〜30

2724664982_9946e501d7_z

 

 

 

 

 

 

 

16. フィラデルフィア・フィリーズ:トレイ・ボール(LHP/OF):ニューキャッスル高

投手としても、野手としても今回の高校生ドラフト候補の中ではトップレベルのポテンシャルを持つ。投手としては、既に90-92マイルのレンジで直球を、またセカンドピッチとしてチェンジアップ、その他にもスローカーブと鋭いスラーブを投げる。安定性に欠ける所が問題点だ。打者としてはショーン・グリーンに似たイージーなスイングが特徴的で、パワーの成長も見込まれる。また、足も速く外野手として十分な守備力を誇る。

 

17. シカゴ・ホワイトソックス:クリス・アンダーソン(RHP):ジャクソンビル大

2010年のドラフトではシカゴ・カブスに全体1060位で指名されたことのある選手で、ハイレベルなフロントラインスターターになれる体格とスタッフ、コマンドを兼ね備えた逸材。直球は97マイルを計測し、良く沈む。打者にとり非常にやっかいなスライダーと、武器に成り得るチェンジアップも投げる。投手として理想的なアスリート性を誇り、まだ伸びしろもあるハイシーリングな選手だ。

  

18. ロサンゼルス・ドジャース:ニック・シウッフォ(C):レキシントン高

常に需要のある、貴重な左打ちの捕手で、アベレージもパワーもより上のレベルへの成長が見込まれる18歳。守備面では肩がもっとも優れており、既に素晴らしい強さを誇る。キャッチングには多少の問題があり、改善する必要があるが、捕手からコンバートされる程ではない。幾らかの経験さえ積めば、トップクラスのレギュラー捕手になれるポテンシャルがある。

1 2 3 4 5

One Response to 2013 Mock Draft:16〜30

  1. FEDのモックドラフト16〜30位をアップしました。 #mlbjp
    http://t.co/C9W3mC7uHL

コメントを残す