アルシデス・エスコバーのヤクルト・スワローズ移籍とそこから考えられる影響

               ヤクルト・スワローズが10月30日、アルシデス・エスコバーとの契約を発表した。まだワールドシリーズが終わっていない時期に More »

「MLBを仕事にする」:記者水次祥子さんへのインタビュー

              不定期連載でお送りする、MLBの舞台で選手以外として活躍している方へのインタビュー企画の第3弾。今回は、ニューヨークと東京 More »

2019 ALDS Review:HOU vs TB

               ア・リーグ西地区を制したヒューストン・アストロズの対戦相手はワイルドカードを制したタンパベイ・レイズとの組み合わせとなった。  Game1 TB 2-6 HOU 勝: ジャスティン・バーラン More »

2019 World Series Review : Game7

              勝った方がワールドチャンピョンとなる運命のGame7。歓喜の瞬間を目の当たりにしようと球場には43,000を越えるファンが More »

2019 World Series Review : Game6

              お互いにロードでのゲームを取り合い、アストロズが3勝と王手を掛けて臨んだGame6。この試合では追い込まれたナショナルズが More »

 

2013 Draft Review:ナショナル・リーグ東地区

6071000092_dc593cefe9_z

 

 

 

 

 

 

 

*選手名(ポジション):出身校:指名順位

 

 

  • アトランタ・ブレーブス

ジェーソン・ハーシュ(RHP):オクラホマ州立大:31

傑出した支配力を持つ素材では無く、2013年は106.1イニング/86奪三振/28四球。98マイルを計時するストレートはカッター気味の動きを披露。コマンドも安定。2011年8月にトミー・ジョン手術を行ったが、それによりメカニクスはスムースさを増した。セカンドピッチのクオリティが平凡と評されるが、スライダーとチェンジアップはいずれも向上の余地があるボール。ストレートを軸に3つのボールを操るイニングイーター型として期待を得ているアームプロスペクトだ。

 

カルロス・サラザー(RHP):カーマン高:102

6フィート0&200ポンド。ドラフトクラス内で傑出したハードボーラーとして評価を得る素材。小柄な体格だがとてもアスレチックであり、スムースかつパワフルなアームスイングから97マイル、コンスタントに92〜95マイルを計時する。変化球ではスライダー、次いでチェンジアップが上質だが不安定。コマンドを含め向上を辿る必要がある側面だ。エースもしくはローテーション2番手クラスのポテンシャルの持ち主。カルフォルニア大フレズノ校へのコミットメントがある。

 

カイル・レン(OF):ジョージア工科大:253

父フランクはブレーブスGM。攻守に平凡な内容に終始した2012年にレッズから922位指名を受けたが拒否。1年を経て.360/.423/.467をマークし評価を上げた。「ジョージア工科大でトップ」と評されるスピードが持ち味のギャップヒッター。大学ではリードオフを任された左打者。パワーに乏しいバッティングで体格も小柄ながら、スピードを生かした攻守で高い評価を得ている。精神面でも評価を得ており、プレー態度やインスティンクトを兼ね備えたプレーぶりも示している。

1 2 3 4 5

One Response to 2013 Draft Review:ナショナル・リーグ東地区

  1. 2013年ドラフトレビュー。ナショナル・リーグ東地区5チーム分をアップしました。 #mlbjp
    http://t.co/d1MUkkaBss

コメントを残す