アルシデス・エスコバーのヤクルト・スワローズ移籍とそこから考えられる影響

               ヤクルト・スワローズが10月30日、アルシデス・エスコバーとの契約を発表した。まだワールドシリーズが終わっていない時期に More »

「MLBを仕事にする」:記者水次祥子さんへのインタビュー

              不定期連載でお送りする、MLBの舞台で選手以外として活躍している方へのインタビュー企画の第3弾。今回は、ニューヨークと東京 More »

2019 ALDS Review:HOU vs TB

               ア・リーグ西地区を制したヒューストン・アストロズの対戦相手はワイルドカードを制したタンパベイ・レイズとの組み合わせとなった。  Game1 TB 2-6 HOU 勝: ジャスティン・バーラン More »

2019 World Series Review : Game7

              勝った方がワールドチャンピョンとなる運命のGame7。歓喜の瞬間を目の当たりにしようと球場には43,000を越えるファンが More »

2019 World Series Review : Game6

              お互いにロードでのゲームを取り合い、アストロズが3勝と王手を掛けて臨んだGame6。この試合では追い込まれたナショナルズが More »

 

2013 Draft Review:アメリカン・リーグ西地区

Houston Astros

 

 

 

 

 

 

 

*選手名(ポジション):出身校:指名順位

 

 

  • ヒューストン・アストロズ

マーク・アッペル(RHP):スタンフォード大:1

ジョナサン・グレーが大本命と見られた全体1位指名だったが、大方の予想を裏切りアストロズはマーク・アッペルを指名した。90マイル半ばの直球は非常に評価が高く、打者の手元で良く動く。ハードスライダーとサークルチェンジも投げ、どちらも平均以上の評価。三球種全てをストライクゾーンに投げ込むことができ、それがアッペルを素晴らしい投手たらしめている。期待値に比して奪三振数が少ないのが懸念ではあるが、エースになれる可能性を持っている。

 

ケント・イマニュエル(LHP):ノースカロライナ大:74

大学進学時には190ポンドしかなかった体重を、ドラフト時までには215ポンドまで増えた左腕。直球は91マイル前後程度だが、優れたチェンジアップとのコンビネーションで、大学では圧倒的な成績を残した。高校生の時に評価の低かったカーブも、より鋭く、より効果的に投げられるようになった。コマンドの評価が非常に高く、球の質よりも、投球術で勝負する技巧派投手である。ローテーション半ば以降の、ワークホースになれる素材だ。

 

グレガー・コンラッド(1B):バンダービルト大:107

12年のシーズンから、スカウト達の求めていたパワーを見せ始めた左打ちのファースト。ファーストとしてはアスレチックで、肩も強いので両翼へのコンバートも考えられる。オープンスタンスで構え、コンパクトなスイングで打球を飛ばす。13年のシーズンではパワーを発揮することができなかったが、30三振に対して32個の四球を選んでおり、選球眼への評価が非常に高い。 努力家で、常に全力プレーを心掛ける姿勢も好印象だ。

1 2 3 4 5

コメントを残す