トレバー・バウアーが絡んだ三角トレード

             今年のMLBのトレードデッドラインはルールの変更か、それともプロスペクト重視のトレンドを受けてか例年に増して膠着していたが、期限まで2 More »

トレード・デッドラインを振り返って

             トレード期限が終わった。今年から8月中のトレードは禁止されており、ウェーバーを通過した選手をトレードすることは出来ない。  前回の記事 More »

トレードデッドラインが間近に迫る中、一足早く動き出したGM達。

             ミネソタ・ツインズは、ここ2週間程、トレードを控えた行動を行っていた。  この間、40人枠から外した投手は5人である。マット・マギル( More »

タイラー・スカッグスに捧ぐノーヒット・ノーラン

             現地時間7月12日、ロサンゼルス・エンゼルスの選手達は、タイラー・スカッグスの背番号だった45とSKAGGSが記されたユニフォームをま More »

2019年MLBオールスター

               今年のオールスターは節目となる90回目だ。7月9日にクリーブランド・インディアンスの本拠地であるプログレッシブ・フィール More »

 

2013 Draft Review:アメリカン・リーグ中地区

861107013_798f740a01_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*選手名(ポジション):出身校:指名順位

 

 

  • シカゴ・ホワイトソックス

ティム・アンダーソン(SS):イースト・セントラル大:17

小さなコミュニティカレッジでプレーしていたため、あまり注目を集めなかった選手。ヒッティングツールは優れておらず、優秀な投手との対戦経験も少なく経験不足。ショートとしては平均以上のパワーへの成長が見込め、プラス-プラスのスピードと合わせて二塁打と三塁打を量産することができるだろうと言われる。アームが平均程度の為、セカンドやセンターへのコンバート案もあるが、ポジショニングを工夫することでショートに留まることも可能とも。

 

タイラー・ダニッシュ(RHP):デュラント高:55

サイドスロー気味のスリークォーター、非常に速いステップから95マイルものファストボールを投げ込む投手。6フィート0、170ポンドと細身であり、体格が良くなればよりコンスタントに速い球を投げ込むことができるだろうと言われている。地面を抉るように変化するプラスのスライダーも持っており、この二つのコンビネーションで対戦相手を捩じ伏せてきた。独特のフォームを上手く使いこなし、コントロールも優れている。効果的なチェンジアップを投げられるようになれば、優秀なスターターになれる可能性がある。

 

ジェイコブ・メイ(OF):コースタル・カロライナ大:91

18年のキャリアで、354本ものホームランを放ったリー・メイの孫。スラッガーだった祖父とは異なり、アスレチックさとスピードが武器のセンターで、体格も5フィート10、180ポンドと小柄である。スイッチヒッターで、両打席からコンパクトでシンプルなスイングをするが、右打席の方がよりピュアなヒッティングができる。パワーポテンシャルは平均未満で、2塁打や3塁打を量産するタイプの打者。非常に優れたスピードを誇り、経験さえ積めば堅実なセンターになれる素材。

1 2 3 4 5

コメントを残す