アルシデス・エスコバーのヤクルト・スワローズ移籍とそこから考えられる影響

               ヤクルト・スワローズが10月30日、アルシデス・エスコバーとの契約を発表した。まだワールドシリーズが終わっていない時期に More »

「MLBを仕事にする」:記者水次祥子さんへのインタビュー

              不定期連載でお送りする、MLBの舞台で選手以外として活躍している方へのインタビュー企画の第3弾。今回は、ニューヨークと東京 More »

2019 ALDS Review:HOU vs TB

               ア・リーグ西地区を制したヒューストン・アストロズの対戦相手はワイルドカードを制したタンパベイ・レイズとの組み合わせとなった。  Game1 TB 2-6 HOU 勝: ジャスティン・バーラン More »

2019 World Series Review : Game7

              勝った方がワールドチャンピョンとなる運命のGame7。歓喜の瞬間を目の当たりにしようと球場には43,000を越えるファンが More »

2019 World Series Review : Game6

              お互いにロードでのゲームを取り合い、アストロズが3勝と王手を掛けて臨んだGame6。この試合では追い込まれたナショナルズが More »

 

2013 Draft Review:アメリカン・リーグ中地区

861107013_798f740a01_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*選手名(ポジション):出身校:指名順位

 

 

  • シカゴ・ホワイトソックス

ティム・アンダーソン(SS):イースト・セントラル大:17

小さなコミュニティカレッジでプレーしていたため、あまり注目を集めなかった選手。ヒッティングツールは優れておらず、優秀な投手との対戦経験も少なく経験不足。ショートとしては平均以上のパワーへの成長が見込め、プラス-プラスのスピードと合わせて二塁打と三塁打を量産することができるだろうと言われる。アームが平均程度の為、セカンドやセンターへのコンバート案もあるが、ポジショニングを工夫することでショートに留まることも可能とも。

 

タイラー・ダニッシュ(RHP):デュラント高:55

サイドスロー気味のスリークォーター、非常に速いステップから95マイルものファストボールを投げ込む投手。6フィート0、170ポンドと細身であり、体格が良くなればよりコンスタントに速い球を投げ込むことができるだろうと言われている。地面を抉るように変化するプラスのスライダーも持っており、この二つのコンビネーションで対戦相手を捩じ伏せてきた。独特のフォームを上手く使いこなし、コントロールも優れている。効果的なチェンジアップを投げられるようになれば、優秀なスターターになれる可能性がある。

 

ジェイコブ・メイ(OF):コースタル・カロライナ大:91

18年のキャリアで、354本ものホームランを放ったリー・メイの孫。スラッガーだった祖父とは異なり、アスレチックさとスピードが武器のセンターで、体格も5フィート10、180ポンドと小柄である。スイッチヒッターで、両打席からコンパクトでシンプルなスイングをするが、右打席の方がよりピュアなヒッティングができる。パワーポテンシャルは平均未満で、2塁打や3塁打を量産するタイプの打者。非常に優れたスピードを誇り、経験さえ積めば堅実なセンターになれる素材。

1 2 3 4 5

コメントを残す