開幕延期した時間を使うには野球ファンはどうすれば良いのか

              Florida College Summer League 公式HP:http://floridaleague.com/v More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 10-1

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 20-11

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 30-21

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

MLB 10-19 PLAYER RANKING 40-31

              2020年を迎え、今シーズンも開幕が迫ってきた。2020年代という新たな時代を迎える前に2010年代を彩ったスタープレイヤ More »

 

Big Stake For Freshman. 第4回「MLB Money -Part 2-」

3887998259_425ed1b3c6_z

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 『野球選手としての幸せ』って?

オーケー、分かりました。皆さんと哲学の話をするつもりはありません。ここではただの一例として、全ての事例を扱ってきただけです。どれが正しい、どれが間違っている、どれが美しくてどれが醜い。それは人それぞれの価値観によるものがあるでしょう。 

しかし次回、MLBにおいて欠かせないトピックを語ることになります。そのトピックと今回の”お金”の話は密接に関わっています。

 

『薬物』 

 

2004年に厳罰化が始まったこの問題は、多くの野球ファンを失望させてきました。2013年シーズン中にも所謂「バイオジェネシス・スキャンダル」の問題が発覚し、A-Rodを初めとする14人の選手に対し厳罰処分が下ったばかりです。 

その中にはミルウォーキー・ブルワーズの英雄、ライアン・ブラウンの名前もありました。彼は50試合の出場停止処分を課され、元チームメイトのザック・グレインキーは彼に対する失望を隠しませんでした。ブラウンは、ブルワーズのシーズンシート購入者一人一人に電話で謝罪をしているそうですが、彼が”汚れた英雄”に堕ちてしまったことは否定できないでしょう。 

そもそも、試合出場停止という厳しい処分が下ることは分かっているのに、何故選手達は薬物に手を出してしまうのか。(未だ試合に出続けているA-Rodには211試合!のペナルティが課される予定です)

その答えの一つは、”お金”に密接に結びついているのです…と、今晩はここで終わりになりそうですね!

「久しぶりにみんなに会えて嬉しかったよ! これからもよろしく!」と僕が言うのはOKでしょうが、ブラウンが言ってもブルワーズファンに許してもらえるか怪しいところです…。(お前が言うな)

では、今夜はここでお別れいたしましょう。See you next time,Good-bye!! “Thank you everybody!!”

  

Text by Yohei TSUKUI
写真:http://www.flickr.com/photos/40383565@N06/3887998259/in/photolist-6Vz1qK-7G2hTk-92dhn7

1 2 3 4 5

コメントを残す