2014 Top 15 Prospects:タンパベイ・レイズ

7209182176_2cdf2bb4cc_z

 

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ15の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。 

 

 

1. テイラー・グリエリ:RHP
98マイルに至るストレート&ハイクオリティなカーブ。高いポテンシャルに高い評価を得ていたが、キャリアでは119IP/17BB/1.59ERAとコマンドが向上。2013年はトミー・ジョン手術&薬物の陽性反応でシーズンを締め括った。

2. ジェーク・オドリッツィ:RHP
目立つボールの持ち主では無いが、94マイルのストレートにスライダー&カーブ&チェンジアップを安定したコマンドで扱う。バランスが良い内容でザック・グレインキー(ドジャース)と比較されているアーム。耐久性への評価も高い。

3. エニー・ロメロ:LHP
左のパワーアーム。コンスタントに90マイル半ばを計時するストレートは最速で97マイル。ゾーン内で打者を捻じ伏せられるポテンシャルがあり、キャリアでイニング以上の安打を喫したシーズンは無し。変化球&コマンドの出来が不安定。 

4. アンドリュー・トーレス:OF
小柄な体格もアスレチック。パワー以外の4ツールを持ち合わせている。2013年は攻守で目立つパフォーマンスを示し、.326のアベレージ&62盗塁。CF守備も広いカバー範囲で高い評価を得ている。121試合で22BBとフリースインガー。

5. ネーサン・カーンズ:RHP
パワーアーム。94マイルのストレート&シンカーにハイクオリティなカーブを織り交ぜたピッチング。2Aでは132.2IP/155K。キャリアのK/9も10.7に至る。コマンド&チェンジアップが平凡なステータスでリリーバー向き。 

6. ライン・スタネック:RHP
93マイルのストレート&独特の軌道を描くスライダーのコンビネーション。ハイレベルなコマンドの持ち主では無いが、向上を辿るチェンジアップと共に打者を捻じ伏せられるポテンシャルがある。メカニクスが不安定。 

7. アレクサンダー・コロメ:RHP
上質なストレートの持ち主で、97マイルを計時しアクションにも富む。キャリアを辿りコマンドも向上。5月30日マーリンズとのゲームではメジャー初勝利をマーク。カーブ&スライダーの出来は不安定。リリーフ向きとの評価も存在する。 

8. ニック・シウフォ:C
攻守で平均以上の存在に成り得る。ベストツールであるアームはショーケースで2塁送球1.83秒をマーク。バッティングでもアベレージ&パワーを両立した打者になると目されている。ルーキーイヤーはRでOPS.604。9BB/40Kを喫した。 

9. トーマス・コイル:2B
上質なスピード&ボールの見極めを兼ね備えたリードオフ型。Aにてフルシーズンでプレーし40盗塁/8失敗をマークし、チームのマイナートップとなる91BBを選んだ。パワーレスながらも時折パンチ力を示すシーンも見られる。 

10. マイキー・マトック:OF
攻守でインパクトを生み出せる可能性を示している。5ツールの持ち主で、特にスピードは25盗塁&CF守備と幅広くゲーム内で扱えているツール。相応なアプローチ&パワーを示していたバッティングは2Aで平凡な内容。OPSは.708。 

11. マット・アンドリース:RHP
90マイル前半のストレート&カーブ&スライダー&スプリッターのコンビネーション。コマンド良くゾーンを突き、2A-3Aでは134.2IP/3.27ERA/K/BB3.62。ポテンシャルは平凡。ローテーション下位に止まると見られている。

12. ハクジュ・リー:SS
15試合の出場に止まるも3AでOPS1.136。接触プレーでヒザの靭帯を断裂し、2010~2012年に102盗塁をマークしたスピードツールへの影響が懸念される。守備ではアームが強く、ホセ・レイエス(ブルージェイズ)と比較される。 

13. ライアン・ブレット:2B
5-9/180と小柄な体格もハッスルプレーに定評がある。持ち味であるスピードツールはフルシーズンでは40盗塁レベルと評される。コンパクトなスイングでコンタクトも生み出せ、相応なパワーも証明。三振&四球共に少ないアプローチ。 

14. ライリー・アンロー:SS
上質なスピードツールの持ち主で、特にそれを生かした広いカバー範囲を誇るディフェンスは一定の評価を得る。バッティングはコンパクトなスイングを披露するが、左右では左打席でスイング軌道が揺らぐ傾向がある。Rでは33BB/43K。 

15. ジェーコブ・ファリア:RHP
ハイレベルなコマンドを土台にピッチングを組み立てるグラウンドボーラー。Rでは62.1IP/71K/9BB/2.02ERA。パワーで捻じ伏せられるポテンシャルの持ち主では無いが、スライダー&チェンジアップのコンビネーションで打者を欺く。 

 

Notable Prospects
ジェフ・エイムズ:RHP
アーロン・グリフィン:RHP
C.J.リーフェンハウザー:LHP
マイク・モンゴメリー:LHP
ブレーク・スネル:LHP
ビンス・ベルノーム:2B 
ティム・ベッカム:SS
ブランドン・マーティン:SS
ウィリー・アーゴ:OF 
ブランドン・ガイヤー:OF

 

Text by Koichi MIYAZAKI
写真:http://www.flickr.com/photos/63805593@N04/7209182176/in/photolist-bZ3WGq-fE8aYY-cdhoKN-cH868o-cEa9wj-g9uC4p-cyKJiS-aaazpY-87LnJY-ae5W1B-bkKcnm-bkKbkQ-byE4Cv-byE6ni-bXWjdL-byEarg-bkKqzA-bkKa41-bkKiCC-byEsKp-bkKhLj-bkKhpd-byEjFP-bZ3UCC-bZ3UJQ-bZ3Uu3-9eiRB1-ekbKyU-a9vULp-8tB24G-byEhAH-bkKpJ1-eVRkkV-cVCXaq-cVCXkA-bXWm75-9W9cZ1-c7VkmS-bkKt3N-byEeLv-bkKmYJ-byEnHc-byE2cg-bkK9aC-byE4Pe


コメントを残す