アルシデス・エスコバーのヤクルト・スワローズ移籍とそこから考えられる影響

               ヤクルト・スワローズが10月30日、アルシデス・エスコバーとの契約を発表した。まだワールドシリーズが終わっていない時期に More »

「MLBを仕事にする」:記者水次祥子さんへのインタビュー

              不定期連載でお送りする、MLBの舞台で選手以外として活躍している方へのインタビュー企画の第3弾。今回は、ニューヨークと東京 More »

2019 ALDS Review:HOU vs TB

               ア・リーグ西地区を制したヒューストン・アストロズの対戦相手はワイルドカードを制したタンパベイ・レイズとの組み合わせとなった。  Game1 TB 2-6 HOU 勝: ジャスティン・バーラン More »

2019 World Series Review : Game7

              勝った方がワールドチャンピョンとなる運命のGame7。歓喜の瞬間を目の当たりにしようと球場には43,000を越えるファンが More »

2019 World Series Review : Game6

              お互いにロードでのゲームを取り合い、アストロズが3勝と王手を掛けて臨んだGame6。この試合では追い込まれたナショナルズが More »

 

2014 Top 15 Prospects:ヒューストン・アストロズ

9420569454_6cb371c043_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ15の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. ジョージ・スプリンガー:OF
2A-3Aで37本塁打&45盗塁&OPS1.010。OF守備でも上質なアーム&インスティンクトを証明済み。攻守にダイナミックな5ツールとしての評価を確立した。161Kを喫したコンタクト面が唯一の課題も、83BBとアプローチは問題無し。 

2. カルロス・コレア:SS
未知数であったバッティングでOPS.872をマーク。攻守にツールを証明するシーズンを辿った。5ツールの持ち主で、メンタリティも高い評価を得る。パワー面ではISO.147と目立つ結果を示すには至らず。3B向きとの見方も存在する。 

3. デライノ・デシールズ:2B
ここ2年でオフェンス面で大きな向上を示している。A+でOPS.873&51盗塁。特にスピードは20-80スケールで80のベストツール。2012年には101盗塁をマーク。2B守備も向上を辿るも、AFLではOFとしてプレーを積んだ。 

4. ドミンゴ・サンタナ:OF
傑出したパワー&アームツールの持ち主。ここ2年で48本塁打。2Aでも未だ20ながらISO.246と目立つ結果を示した。ディフェンス面でも106試合/10刺殺。恵まれたスケールを示す一方コンタクト面が平凡。46BB/139K。 

5. ビンセント・ベラスケス:RHP
A-A+で初のフルシーズンを辿り124.1IP/142Kと支配的なパフォーマンス。95マイルのストレート&カーブ&チェンジアップはいずれも上質。アスレチックでアグレッシブに攻める姿勢への評価も高い。コマンドは平凡もK/BBは3.46。 

6. マーク・アッペル:RHP
2012年ドラフト全体8位→2013年全体1位。90マイル半ばのストレート&スライダー&チェンジアップ。スタッフに比して空振りが奪えないとのレポートも存在。SS-Aでも10先発し38IP/33K/3.79ERAと相応な内容に止まった。 

7. ジョナサン・シングルトン:1B
ヒッティングプロスペクトもマリファナによる処分を含め平凡な1年。アベレージが伴わず、評価が高いパワーツールでも長打率.401と平凡な内容に終わった。本来はコンパクトなスイング&上質なアプローチで得点を生み出せる。 

8. マイケル・フェリズ:RHP
エースポテンシャルの持ち主として台頭。SSでは1.96ERA&0.96WHIPでリーグトップ。大柄な体格から98マイルのストレート&スライダーのコンビネーション。コマンドが不安定で、チェンジアップの評価も低い。リリーフ向き? 

9. ランス・マカラース:RHP
90マイル後半を叩き出すポテンシャルを示す。スライダーとのコンビネーションで支配力を生み出し、Aでは104.2IP/117K。アグレッシブさも証明。メカニクスはスムースさに欠け、コマンドも不安定。チェンジアップの出来も平凡だ。 

10. カイル・スミス:RHP
7月にジャスティン・マックスウェルのトレードでロイヤルズ→アストロズ。6-0/170と小柄な体格も類稀なピッチングセンスを示す。90マイル前半のストレート&カーブ&チェンジアップ。ティム・ハドソン(ジャイアンツ)と比較される。 

11. プレストン・タッカー:OF
A+-2Aで25本塁打&103打点をマーク。ベストツールであるパワーを高いレベルでも証明した。アプローチも上質で、ロングヒッターながら三振を多く喫しない。ディフェンス面の評価は平凡。大学では1BとOFを行き来した。 

12. アンドリュー・サーマン:RHP
ドラフトイヤーに球速が向上。全体40位指名を受けた。バランスが整ったアーム。95マイルに至るストレート&チェンジアップをコマンド良く織り交ぜる。ピッチングセンス&メンタリティも高評価。ローテーション半ばクラスの素材。 

13. アンドリュー・アプリン:OF
リードオフ型。目立つツールの持ち主では無いも、攻守でゲームを理解したプレーが高く評価されている。A+では83BB/63Kのアプローチ&24盗塁のスピードを証明。9本塁打に止まる一方で打点はリーグトップの107をマークした。 

14. タイラー・ヘイネマン:C
オールラウンドなCとして台頭。アプローチ&パワーを示すバッティング以上に評価が高いのはディフェンス面。A+で盗塁阻止率42%をマークし、プレート後方でもアスレチック。マイク・マシーニー(元カージナルス)と比較される。 

15. マイク・フォーティネウィッツ:RHP
5月には103マイルを叩き出すパフォーマンスを示し注目を集めた。スムースなメカニクスからカーブと共にピッチングを組み立てるパワーアーム。ここ2年は支配力で向上を辿り、2013年はキャリアハイのK/9 8.6をマークした。

 

Notable Prospects
ニック・トゥロピアーノ:RHP
デビッド・マルチネス:RHP
ルイス・クルーズ:LHP
ジョシュ・ヘイダー:LHP
ケント・エマニュエル:LHP 
マックス・スタッシ:C
M.P.コキノス:C-1B
リオ・ルイズ:3B
マット・ダフィー:3B
ノーラン・フォンタナ:SS 

 

Text by Koichi MIYAZAKI
写真:http://www.flickr.com/photos/27003603@N00/9420569454/in/photolist-fmsT6h-fqV9zq-fqV8dQ-fqEY3B-fqVeSE-fqVdEb-fqEWFz-fqVd6d-fqV7bJ-fqV92E-fqV7Ho-fqEVCz-fqEYiK-fqEW7H-fqVaS5-fqETXx-fqV8KE-fqVcz3-fqVds9-fqEXKp-fqETa6-fqVfoY-fqFD9n-fqFrYF-fqFHUV-fqVMwJ-fqFFmR-fqFsQ8-fqVyfG-fqFiUx-fqVSp5-fqVNNh-fqVQno-fqFv4t-fqFLen-fqFKEk-fqFBTi-fqVHz5-fqFE8n-fqFwQi-fqFCHx-fqVNnh-fqVFB5-fqVByS-fqFw7D-fqVC17-fqFqMP-fqFEAK-fqVPXd-fqFeUP-fqFixP


コメントを残す